素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
12 | 2010/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



数年ぶりの誤発注
1月19日 勉強できる買い付け

米国株が祝日で休場の為、本日は特別に1銘柄ご紹介。よって今週は2銘柄のご紹介になります。(本来は1週間に1銘柄)

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

久しぶりの空売り祭り(空売り9連発)   第二弾 & 誤発注
でも、右側に書いている説明とおり紹介できるのは1銘柄だけ

まずはチャートをご覧下さいませ
1019d1.gif

急騰し始めたある銘柄を注視
たったの3営業日で、174円 から194円 まで11.5% も急上昇 手書き風シリーズ矢印上

本 まずは経験則で考えてみる。
短期急騰で加熱感が出ているうえ、200円付近からは分厚い壁が控えているので上値が重く 重 重 重 なってきそう。

しかし、経験則は過去のもの。どんなに精巧な分析方法でも今の流れは反映できないのです。
経験則(テクニカル分析)は誰でも利用可能。でも、大手証券会社が出しているデータでは個人投資家の9割が負けているのです。

私は経験則(テクニカル分析)よりも今の流れを重要視します。
私が作成しているホームページ「素人投資家の挑戦」トップページにあります

TOP TRADERへの道 ~ 流れを重要視するを参照下さいませ。

経験則の次は流れ を感じ取る為、相場環境をじっくり検証。
出した結論は・・・
とても強い流れであり、短期的な加熱感を消しさるような動きになるかもしれない 汗
上値に控える壁もぶち破りそう 重

具体的な投資法は・・・
上記した2点の最後は「かもしれない」と「破りそう」であり確信がもてない。よって、狙うなら「買い」ではなく「空売り」の方がリスクを低く抑えられると判断。但し、今の水準で空売りするのは少し早いので、あと数日待つ方が無難。騰がらずに下がってしまえば利益の取り損ねになるが、損をしていないので良し。
この方法なら損する確率は低い。

そして実行に移したのが、この水準
1019d2

予想は的中し、なんと 207円まで上昇 手書き風シリーズ矢印上

空売りじゃなく買っておけば利益が出たのに・・・という考え方はダメ
結果を見てから投資できるはずはありません。結果を見る前に投資するのですから、リスクを低く抑える投資法として「買い」よりも「空売り」を選んだのですから全く問題はないのです。もう少し付け加えると、空売りは数日待つと判断していたことで踏み上げられているわけでもありません。後悔する必要は全く無しです。

売値207円
始値199円、高値208円、安値198円、終値207円

ところが・・・
1019d3

言い訳 土下座
実は、この日9銘柄を空売り。9銘柄にまぎれて、この1銘柄の約定をうっかり忘れていました。
そして、2営業日目に「ここで空売りしよう!」と判断。もう一度同じ株数で空売りしたのです。

12月7日
売値214円
始値213円、高値215円、安値211円、終値214円
もちろん株数倍増・投資額倍増です。(細かく言えば前回約定させた株価より3%程度高いので倍以上の投資額)
そのまま全く気付かず。。。

気がついたのは誤発注から2日後の9日。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へも、正直に配信しました

12月9日配信分
・・・・・
「誤発注についてのお知らせです」
(〇〇〇〇)・・・・・ こちらを3日と7日に空売りしているのですが、3日の分を保有したまま7日に同じ株数を空売りしました。うっかりミスです。誤発注は数年ぶりかもしれません。。。

でも、株価は
1019d4

3営業日続落で下げ幅は10%以上 手書き風シリーズ矢印下 手書き風シリーズ矢印下 手書き風シリーズ矢印下

空売りした平均単価からも 9% 程度下落。
しかも、株価倍増・投資額倍増なので利益も倍増。結果は良しとなりました アップロードファイル

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives