アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析 アクセス解析 カウンター カウンター
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)2010年04月
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
株式投資で生活している個人投資家です。その売買記録です。
03 | 2010/04 | 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



セクターを絞り込む&勢いに乗せる
4月30日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

タイトルは ・・・ セクターを絞り込む&勢いに乗せる onpu07[1]

4月末なので本来なら3月下旬から4月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)ほとんど買いつけていないので3月上旬に買い付けた銘柄の紹介になります。 3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、3月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

まずは、日経平均が急落した時の配信内容をご覧下さいませ。
2月19日(金曜日)米国の公定歩合引き上げが売り材料となり、日経平均は212円安の10123円になりました。
それを受け、当日の19時に配信させていただきました

○私の投資法です
米国において公定歩合が引き上げられました。
現行の0.5%から0.25%引き上げられ0.75%になります。
米国市場の取引が終了してから発表された為、今晩の米国株を警戒する動きにつながっています。前引けまで残り30分を切るまで前日値付近を推移していましたが、持ちこたえられず200円を超える急落になりました。

私は一時的なショック安に留まると考えています。
公定歩合は金融機関向けの貸出金利であり、重要視される政策金利(フェデラルファンド金利、FF金利)とは違います。FOMC前になると必ず「利上げ」を警戒する市場関係者のコメントなど目立ってきますが、あれは政策金利のことでそれが重要視されています。

2月12日の株日記で書いていたことですが、バーナンキFRB議長は出口戦略を示されていました。
(2月12日の株日記で書いていたことをコピーしました)
○バーナンキFRB議長が出口戦略を示す
今までは「出口戦略を誤れば景気回復の腰を折りかねない為、慎重に進めなければいけない」と示されてきましたから、具体的な言及は売り材料になりました。ただ、見方を変えれば最近は経済指標の改善および企業決算が好調なので、このまま過去例のない金融緩和策を続けるよりも引き締めていくほうが安定を維持できるような気がします。金融緩和策は効果が出るまでに時間を要するので次から次へと対策が打たれるのですが、一旦効果が出始めると「対策のやり過ぎによる逆効果」が生まれるのでそうならないうちに引き締めなければいけません。そろそろ第一歩を踏み出しても良いような気がします。利上げについては、まだ先になるとのこと。
(コピーここまで)

このようなことから金融引き締めに動くのは時間の問題だとされていましたが、発表されたタイミングが何の前触れもなく平日の取引終了後だったことで驚きからの売りが出たと思いました。冷静に考えると既にある程度分かっていたことですし、2月12日にFRB議長が出口戦略を示した時でも、一旦90ドルまで下落するも20ドル安まで買い戻されていますから売り圧力は大きくありませんでした。
金融引き締めは「好感」とまではいかなくても、上記していますように過去例のない金融緩和策を続けるよりも引き締めていく方が安定すると考えられるので、今は一旦売られていても近いうちに買い戻されると思っています。

景気は少しずつ改善しているとはいえ、今の状況で政策金利が引き上げられると「利上げ=景気の腰を折る」ことになりかねません。この場合は一時的な売りでは済まず大きく下げ続けていく可能性が高い為、「早く逃げたもの勝ち」ですが、今回は公定歩合なので一時的なショック安に留まると思っています。本日発表されたFRBの声明でも、あらためて「政策金利の見通しを変更するものではない」また「公定歩合(銀行に対する貸出金利)引き上げにより銀行が(個人および企業等へ)融資を厳しくするものではない」と示されていますから、驚くほどではありません。

「公定歩合引き上げ=融資が厳しくなる」が一般論ですが、政府は金融機関が貸し出し易いような政策をとり続けていますから、一般論のように融資が厳しくなるのであれば今進めていることの意味が無くなってしまいます。中国のように、貸して貸して貸してお金ジャブジャブになっているのではありませんから、今回の引き上げで「融資が厳しくなる=お金が借りられなくなり設備投資減少=巡り巡って景気回復の腰を折る」このようにはならないと考えています。

○具体的な投資法
買い付けたものはじっくり保有。
相場の乱高下を見た後(結果論)で言えば、下がった時に買って一発目の反発で利益確定が理想。でも、200円も上下する相場を当て続けられるのは偶然か神業です。こんな時は、目先の乱高下に振り回されずドンと構えて見守れば良いと思っています。

あらためて2月16日の「私の投資法」をコピーさせてもらいます。
(コピーここから)
○私の投資法です
買い付け銘柄の配信を長くお待たせしていますが、今は様子見しようと考えていますのでしばらくお待ち下さいませ。 投資法でお伝えしてきました通り、目先の下値を「日経平均1万円」と考え******進めてきました。そして8日のメールでお伝えしました「あと1回の買い付けで*******。」********進めるつもりです。

(保有株についての配信は例外です)
1月の中旬から空売りを柱とする投資法で進め、買い付けは待って待って待って1万円付近で買い付けました。これで相場が上昇した時でも利益は出ます。ここまで進めてきたのですから、それらを手放すつもりはありませんし買値より(終値で)1割減まで保有を続けます。1割を超えれば潔く損切りします。

今晩の米国株はショック安で下げるかもしれません。
最後まで買い戻されず安値で終えれば、週明けの日本株も売り先行でスタートすると思っています。また、中国市場も取引が再開されますのでそちらも要注意。ただ、米国と中国の両国における金融引き締め策は「正しい方向に向かう政策(米国は上記している通りで、中国については2月15日の株日記で記載)」なので下げは一時的だと考えていますから、大きく下げるようなら「****」を含めて狙いたいと思っています。逆に米国株が大きく戻す動きになれば、週明けの日本株も強い買い戻しが入る(上昇する可能性が高くなる)と思っています。

○狙っている銘柄になります
・狙う****
(****)******
(****)******
(****)******
(****)******
以上になります。

配信内容で示しています通り日経平均の下値を1万円と予想しながら買い付けていた為、1万円で反発した後は全く買い付けていませんでした。(買い付けていた銘柄に関しては、こちら「勉強できる買い付け」でも紹介していましたので、お時間があればご覧下さいませ。)
よって、狙うセクターは まだ保有していない「****」に絞り込んでいました

翌営業日となる2月22日(月曜日)の日経平均は276円高の10400円
読み通り、一時的なショック安でした。
買い付けに関しては、大幅反発したので見送りました。

しかし、3月にかけて下落 株価は19日に急落した水準と同じになってしまいました。
ここで再び狙う体制に整えます

そして、3月に入ると再び反発
今度は勢いがあると判断し、買い付けました。

日経平均 日足チャート
100430999.gif

私が狙った1銘柄はこちら
10043003.gif

2100円から2300円まで、僅か6営業日でおよそ1割も上昇しました。

その後、下落に転じるも 2200円で反発すると再び上昇 そこで私は買い付けました
10043002.gif

買値は2278円
始値2251円、高値2303円、安値2244円、終値2295円

経験則を当てはめると、上値抵抗2300円に差し掛かっているうえに4営業日続伸で揉み合いの上限に到達ですから上値が重くなると考えられます。
しかし、経験則は過去のもの。
どんなに精巧な分析方法でも今の流れは反映できないのです。経験則(テクニカル分析)は誰でも利用できるのに、大手証券会社が出しているデータでは個人投資家の9割が負けているのです。要するに、経験則では勝てないということなのです。

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
10043001.gif

買値からの上昇率は 10% 程度になりました

ちなみに、狙っている銘柄として配信していた3銘柄も大幅高へ
加えて、同じセクター2銘柄も大幅高

合計5銘柄のチャートをご覧下さいませ

(****)****** こちらの銘柄は、こうなりました
1004301.gif

(****)****** こちらの銘柄は、こうなりました
1004302.gif

(****)****** こちらの銘柄は、こうなりました
1004303.gif

(****)****** こちらの銘柄は、こうなりました
1004304.gif

(****)****** こちらの銘柄は、こうなりました
1004305.gif

狙う水準はドンピシャ当たりでしたが、3月に買い付けたのは3日の2銘柄のみ。
3月は相場が大きく上昇。よって、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中していた為、3月に買い付けた銘柄はたったの2銘柄だけでした。1ヵ月の買い付け銘柄が2銘柄というのは、過去数年間で初めてだと思います。

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

好業績銘柄の押し目買い
4月22日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

タイトルは ・・・ 好業績銘柄の押し目買い onpu07[1]

4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。 3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
10042201.gif

12月に2700円付近で底を打った後、1月中旬には3400円まで急騰。
上昇率は26%になっています。

実はこの銘柄、こちら「勉強できる私の買い付け」にて紹介していた銘柄です。

赤い四角で囲んだ所を拡大
10042203.gif

このような展開になっていました。

ここでもう一度、先ほどのチャートをご覧下さいませ
10042201.gif

3400円に到達した後、2月1日には3000円まで12%も一気に急落。
その後、3300円(上昇率10%)も急騰して今度は3営業日で3000円(下落率10%)まで下落する往って来い。
まさに乱高下

こんな時は注意しなければいけない
12月から1月中旬にかけて大きく上昇していた為、急落後に起こった2月1日からの反発を見ると「底打ちは間違いない」「今、買い付けておかないと上昇に乗り遅れる」そんなふうに思ってしまい、慌てて買い付けてしまいがち。相場格言「落ちてくるナイフは刺さってから抜け」の通りだと2日か3日、もし4日の上昇で買い付けていれば僅か2営業日後には買値から1割近く下落することになってしまうのです。

     相場に焦りや急ぎは禁物

私が買い付けたところは、こちら
10042205.gif

ひと波乱 あった後、波が静かに なったところで買い付けました。

買い付けた日も乱高下。
大きく買われるも同じだけ売り込まれてしまう「上ヒゲの長い足(目先弱含み)」になりますが・・・

買値は3030円
始値3030円、高値3085円、安値3020円、終値3035円

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
10042206.gif

そして
10042207.gif

最後に
10042208.gif

買値からの上昇率は 10% 超え

「配信についての詳しい説明は」 hand02[1] こちら

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

2度食べる
2月26日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

本日のタイトルは・・・2度食べる

4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。 3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

本日は少し長くなりますが、楽しみながら読んで下さい
まずは、2月26日で紹介していた買い付け銘柄をご覧下さいませ
当時の「私の勉強できる買い付け」で書いていた内容をそのままコピーします。

コピーここから

te02[1] 前々回が「空売り」9連発!5連発!
te02[1] 前回が「買い付け」へ転じる
te02[1] 今回は再び「空売り」に戻って6連発

第三弾 買い付けで大損するパターンもご紹介

空売りは滅多にやらない投資法ですが、勝てると判断した時は狙います

注目したのはこちらの銘柄
100226p02

3営業日連続して窓を空けました。これを「三空」といいます。
行き過ぎた買われ方を示唆し、目先弱含むという経験則があります。
「三空」については、私が作成しているホームページ「素人投資家の挑戦」TOPページの上段「ローソク足の読み方 応用②」で詳しく説明していますので参照下さいませ hand02.gif こちら

しかも、直近安値より6営業日続伸で上げ幅は20%にも達しています。
3営業日続伸した後に「三空」出現なので、大勢の投資家は「行き過ぎた買われ方をしている。経験則はドンピシャになるはず」と判断されるでしょう。

でも私は「まだ騰がる、ここで空売りするのは危険だ」と判断しました。
「三空」出現でも、重要視するのはテクニカル分析や経験則ではなく相場の流れ
私は空売りせずに見送りました。

ここでもう一度おさらい
高い勝率を維持し続けるには「テクニカル分析、経験則」ではなく「相場の流れ」を重要視しなければいけません。流れを無視して空売りしても踏み上げられるだけ。 経験則は過去のもの。どんなに精巧な分析方法でも今の流れは反映できないのです。経験則(テクニカル分析)は誰でも利用できるのに、大手証券会社が出しているデータでは個人投資家の9割が負けているのです。要するに、経験則では勝てないということなのです。

それでは「三空」出現後の株価をご覧下さいませ
100226p03

「三空」出現日に経験則で空売りしていたら・・・15%ほどの含み損です。
出現から4営業日後に3%ほどの下げ幅になりますが、今までの上昇を考えれば3%程度では薄利過ぎて(決済して)利益確定できないと思います。そうするうちに売値まで上昇。せめてもう少し下げるまで・・・と待っている間にどんどん上昇していき急騰。

いくらなんでも、ここまでくればさすがに下がるだろう そんな声が多くなりそう。
でも相場は魔物
そんな投資家の気持ちをあざ笑うかのように 更なる上昇へ向かったのです
「三空」出現日に経験則で空売りしていたら・・・23%ほどの含み損です。

そこで私は行動開始
100226p04

売値 1545円
始値1480円、高値1550円、安値1473円、終値1549円

ここで少し一服
勘の鋭い方はお気づきかもしれませんが、上記したチャートをひっくり返してみると
(日付もひっくり返っていますが、お許しを) 100226p041111

買い付けで大きな損失を被りかねない恐怖のパターンです

3日続落後に「三空」となり6営業日続落。下げ幅20%超え。
絶対に反発すると考え買い付ける ⇒ 少し反発するもすぐに買値に戻る ⇒ せめてもう少し上昇するまで保有しようと考える ⇒ そうしているうちに少しずつ下落 ⇒ 揉み合っているのでそろそろ反発するだろう ⇒ 急落 ⇒ いくらなんでも反発するだろう ⇒ 更に急落 ⇒ 大損の塩漬け株誕生
もしも「三空」出現日に経験則で買い付けていたら・・・23%ほどの含み損です

お待たせしました。私が空売りした後の株価動向をご覧下さいませ
100226p05

下落率は15%ほどになりました
空売りなので利益です te02.gif

コピーここまで

実は・・・この次があったのです

こちら
10041603.gif

空売りした後に急落 利益確定した後、今度は買い付けていたのです

もちろん、私からの配信を希望されていらっしゃる方へはお伝え済み
空売りした銘柄も配信している為、ひょっとしたら同じように空売りされている方がいらっしゃるかもしれませんし、空売りした後に保有を続けておられる可能性もあります。それなのに同じ銘柄を買い付けてまで利益を得ようとは思いません。でも・・・ここまで下げれば良しと判断。買い付けました。

買い付け後の株価をご覧下さいませ
10041602.gif

買値付近でしばらく揉み合いますが、下旬から下げ始めると買値より6.2%の下落になってしまいました。

下げたからといって慌てることは絶対にありません。
ホームページや、この日記で何度も何度も書いていますように 私の損切りラインは買値より1割減 です。
なぜ、1割減で損切りするのか?
理由はたくさんあるのですが、その中の一つに「1割減になるより、1割減となる前に上昇することが多い」言い方を換えると「買い付けた水準から1割減になることが少ない」これがあります。ですから、5%や6%下げても気にすることなく保有を続けています。

買値より1割減になることが多い方へ
買い付け水準が甘いと結果高値掴みとなり、買値より1割減になる比率が高くなってしまいます。でも、それ以上に保有を続けると塩漬けになる可能性が高くなってしまいますから(塩漬けに関してはホームページで長々と書いていますので、ここでは割愛させていただきます)、1割減になって耐える投資よりも1割減にならないような買い付け水準をひたすら勉強することが大切。少し乱暴な書き方になりますが、耐えるよりも見切って次の投資へ生かす方が投資技術は向上します。

高値掴みについて
経験を積んだ人が順張り等において高値掴みをする場合もあるので、高値を追いかけることが悪いわけではありません。但し、経験を積んだ人はリスクをしっかり把握して投資しているので経験の浅い方のそれとは違い、ダメージはとても小さくなります。

それでは、6.2%下げたところからの株価推移をご覧下さいませ
10041601.gif

6.2%減で底打ちすると後は大きな上昇になりました
買値からの上昇率は10%を超えています

空売りで  食べ終わったら、今度は買い付けで
2度食べる 満腹

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

日経平均の底値と合わせて買い付け
4月7日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

aicon_219[1] 日経平均の底値と合わせて買い付け aicon_219[1]

4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)、ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。
3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

まずは日経平均をご覧下さいませ
100407a.gif

昨年12月から急上昇 しますが、1月中旬から下落 に転じました。
(こちら「勉強できる私の買い付け」で、1月中旬の空売り連発も紹介しています。2月頃の日記を参照下さいませ。)

チャートの最後が2月5日
ここで、私からの配信を希望されていらっしゃる方へメールさせていただきました
(少しだけ配信メールをご紹介)
2月5日 19時 配信分
・・・・・・
相場は予想通り急落しましたが、あと1日待ちたいと考え買い付けを見送りました。・・・・・。

その後の推移をご覧下さいませ
100407b

日経平均は2営業日後の9900円で底打ちすると、11400円まで1500円(15%)も上昇しました
でも、これは日経平均のお話。


私が狙った銘柄は ・・・  aicon_219[1] (6471)日本精工 aicon_219[1]

チャートはこちら 日経平均と同じ期間で表示させています。
100407c

日経平均と同じく12月から急上昇 しますが、1月中旬から下落 に転じました。

チャートで表示している最後の日が2月5日(金)。
上記しました内容をメール配信させていただきました

そして翌営業日となる2月8日(月)に買い付けました。
買値は 622円

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
100407d11

およそ1ヵ月間揉み合いましたが、3月に入ると急上昇しました
買値からの上昇率は  23%

でも・・・
これは保有を続けていればのお話。
私は残念ながらここまで保有していませんから、利益は こんな感じです。

でも、 相場格言  利食い千人力 です。
利食い千人力とは・・・私が作成しているホームページ(素人投資家の挑戦)TOPページ上段にある「相場格言 その①」をご覧下さいませ ⇒ こちら

実は、私が毎日書いている素人投資家の株日記で少し投資法を紹介していました。
2月24日の株日記
○欧米株安と円高でも自分の投資法は一本道
私の投資を少しだけご紹介
その1
・米国株の項で書いていたことになりますが、もう一度。
私は相場解説者ではありませんから、このように書いているだけではありません。米国株を取引しているわけではありませんが、米国株の状況も取り入れて日本株の先行きを判断。投資法を組み立て実践しています。もちろん、私からの配信を希望されていらっしゃる方へは既にお伝え済み。今は日が浅いので具体的な投資法は書けませんが、「勉強できる買い付け」で紹介できる時が来るかもしれません。

その2
・乱高下に左右されない投資法
直近7営業日の日経平均チャート
100224n52141.gif
チャートを見れば一目瞭然。
買うタイミングを間違えると「買って急落、また買って急落」

日経平均は7営業日の間に10100円付近から10200円付近まで僅かながら上昇しているのに、まるで400円も500円も下げているような含み損を抱えかねない相場展開になっているのです。
7営業日の株価推移を見てからこのように判断するのは簡単ですが、投資家は株価推移を見る前に判断して実行しなければいけません。もちろん私は株価推移を見る前に判断、実行済みでした。
ちなみに、私からの配信を希望されていらっしゃる方へは16日の時点でお伝えしています。(すぐ上のチャート)直近7営業日のチャートの一番左端、矢印スタート地点が16日になります。こちらについても今は日が浅いので具体的な投資法は書けませんが、「勉強できる買い付け」で紹介できる時が来るかもしれません。

2月25日の株日記
○策士策に溺れることなかれ
「策士策に溺れる」相場格言では「相場の器用貧乏」といったところでしょうか。
まさにそんな言葉が当てはまる相場展開。
「相場の器用貧乏」については、私が作成しているホームページ「素人投資家の挑戦」 TOPページ上段にある「相場格言 その②」をご覧下さいませ。

以上になります

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



ご説明

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。加えて、「素人投資家の株日記」で書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、株日記で書いている内容とは異なります。
配信についてはこちら を、ご覧下さいませ。

私が作成しましたホームページ
「素人投資家の挑戦」

明日の相場を考える株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

ご注意!

私が作成および管理しております株式投資の
サイト「素人投資家の挑戦」を、ご覧になられる場合の注意点。
☆Internet Explorer
☆解像度 (1024×768)(1280×1024)
☆文字サイズ (中)
に設定していただくことをおすすめします。
上記以外の設定でご覧頂いた場合、文字が重なったりずれたりする可能性がございます。

☆解像度の変更方法
ツールバー左下「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」→「設定」内にある「画面の解像度」にて変更。
☆文字サイズの変更方法
ツールバー左上「表示」→「文字のサイズ」内で変更。

証券会社の広告