アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析 アクセス解析 カウンター カウンター
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)2010年09月
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
株式投資で生活している個人投資家です。その売買記録です。
08 | 2010/09 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



利益は取り損ねるも、投資法は正解だった
9月24日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

まずはこちらのチャートをご覧下さいませ
100924a3.gif

これは、いわゆるダブルトップ
ダブルトップについては、私が作成したホームページ「素人投資家の挑戦」TOPページ上段にあります「基本の投資法 ダブルトップを知る」を参照下さいませ。

しかも、ダブルトップをつけた8月10日のローソク足は「上ヒゲの長い陰線」。
これは大きく買われるも、それ以上に売り込まれているので目先弱含みの足。
こうなると、「天井をつけた確率がとても高い」これが経験則。
その翌日、経験則通りに下落しました。

そして、株価はこうなりました
同時に買い付けです。
100924a2.gif

買値127円
始値125円、終値128円、高値128円、安値124円

陽線の出現ですが、ダブルトップおよびダブルトップを形成した頂点が上ヒゲの長い足とくれば「短期的な反発」というのが経験則。

わざわざこんなところで買い付けなくても
短期的な反発に過ぎないから、すぐ下げに転じるぞ
長い期間で形成されたダブルトップだから、1本の陽線では信用できないぞ
下押し圧力が強いチャート形成だから、中途半端な反発は後の急落につながるぞ
よりによって、ほぼ高値で買い付けるなんて

こんな声が多く聞こえてきそうですが・・・

経験則は過去のもの
今の 相場の流れ は反映できないのです。

経験則(テクニカル分析)は誰でも利用できるのに、大手証券会社が出しているデータでは個人投資家の9割以上が負けているのです。要するに、経験則だけでは高い勝率が維持できないということ。
経験則を利用することは検証する上で重要なことですが、同じ相場環境や流れは2度と起こらないのです。よって、私は経験則ではなく今の流れや環境を重要視しています。

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
100924a01.gif

ダブルトップを形成したチャートを含めて表示
100924a1.gif

経験則として考えられる「弱含み」どころか、完璧ともいえる上昇トレンドになりました。
上記しています通り多くの指摘を受けそうなところで買い付けていますが、買値からの上昇率は20%程度になりました

しかし、私の利益は この程度。
実は、この日に数銘柄を買い付けていたのですが、相場の流れから判断して早めの利益確定が安全だと考えていました。
ここで、私からの配信を希望されていらっしゃる方へ送らせていただいた「私の投資法」を少しだけご紹介
配信の詳しい説明は ⇒ こちら

8月12日 18時 配信分
○数週間の保有は考えず
まずは手堅く、********ところを利益確定するつもりです。
***********
***********戻す。ここを狙って利益確定しようと考えています。
********すれば即売りするかもしれません。

他にもいろいろとお伝えしておりますが、これ以上は秘密

それでは、日経平均株価をご覧下さいませ
100924a10.gif

8月19日にかけて上昇しますが、その後は一転して急落です。
よって、今回ご紹介の銘柄は少ない利益になりましたが、投資法としては正解だったのです

このままでは終わらない
その先をご覧下さいませ
8月25日に底を打っていますが・・・・実は翌26日に7銘柄を買い付けているのです
その後に起こる日経平均の上昇トレンド。保有していた銘柄もしっかり連動して含み益を伸ばしました。

次の紹介は、この26日買い付け分になりますので楽しみにお待ち下さいませ

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

多勢に無勢
9月15日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

今回も空売りのご紹介です onpu07[1]

多勢に無勢
少人数で大勢に向かうのではとても勝てない

これは株式投資にもピッタリ当てはまる言葉。
どれだけ多くの時間を費やし検証しても・・・
これは良いと思う材料を見つけたとしても・・・
多くの投資家が買い向かわなければ株価は上昇しないのです。

~相場格言だと~
美人投票 ですね。

今回は、これを空売りに利用しています

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
100915c1

7月14日に天井を打った後、僅か4営業日目となる7月20日に安値2336円までおよそ10%も下落しました。
そして3営業日目に陽の包み線が出現。その後は経験則通り大きく戻すと同時に直近の下げ幅に対して半値戻しを達成するのですが、後の揉み合いが示すように少し上値が重たくなってきました。

こうなると 「上値の重さを利用した空売り」を考える投資家も出てきます。
しかし、冷静に考えなければいけません。投資に焦りは禁物です。
「・・・を考える投資家も出てくる」ここがミソ。
まだ、そのように考える投資家は少人数なのです。

多勢に無勢

これを忘れてはなりません。
小人数が空売りしても、大勢が買い向かえば勝つことはできないのです。
もちろん、私は空売りせず見送り。

その後、株価はこうなりました
100915c2

揉み合い後に上昇。
14日から20日までの下落幅を全て取り返す強い動きになっています。

ここまで上昇してくると、空売りを考える投資家も相当に多くなるはず。
しかし、私は空売りを考える投資家よりも買いを考えている投資家の方がまだ多いと判断。同じ勝負するなら、強い方につきたいもの。弱い方について負け戦はご免です。

ここでひとつ
小心者は株式投資に強い

これは間違いなく言えることです。
「小心者」少し悪い表現かもしれませんが、「株式投資に限り」を付け足せば問題ないと思います。
ちなみに私は小心者
私は10年以上も株式投資をしていますが、買い付ける時は慎重に慎重を重ねて買い付けます。

株式投資にに勇気は不要。
ここぞというところで大きな勝負ができる
弱い方についても作戦次第で勝てるはず
一見すると、とても強そうで立派に見えますが、このような勇気はとても危険。
自分の考え通りに相場も進めば強いと思いますが、1つ歯車が狂い始めると一気に資産激減です。

「ここぞというところ」これが100%分かれば誰も苦労はしません。
「弱い方についても作戦次第」買えば作戦も何もありません。買った後は多勢が株価を決めていくのです。
そして、言うまでもなく株式投資は歯車が狂い続けるものなのです。

私が空売りしたのはここです
100915c3

更に上昇を続けた3日目

勢力は逆転。買いの勢力より売りの勢力が勝ったと判断。ここで、空売りしました。

売値は2792円

その後、株価はこうなりました
100915c4

少し下げますが、その後は2700円付近で底堅く推移。
買い方の攻撃開始という感じ。

しかし、多勢に無勢
勢力が逆転した今は、買い方にとって歩が悪い状況です。

買い方は負けてしまい、こうなりました
100915c5

ドスンと下落

しかし、2500円は下値抵抗なのでそこに控える買い方が待ち受けます。
反発後すぐに売り込まれるも、売り方の力を少しずつ吸収して8月16日から4日続伸
100915c6

2500円を下値抵抗とする動きになっていますが、「売り方の力を少しずつ吸収」この程度では力不足が否めません。
この状況では明らかに売り方が優勢で、売り方は劣勢。

売り方が優勢となれば売りに参加する投資家は増えてくるので、より強くなる。
逆に、買い方劣勢となれば退散する投資家も増えてくるので、より弱くなる。

遂には、こうなりました
100915c7

ここまで保有していたわけではありません。
私にとっての空売りは「買いで得られる利益にほんの少しプラスできればよい」この程度に考えているので、ここまで利益を伸ばすことはありません。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

買い手満足、売り手恐怖。この頂点を空売り
9月10日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

今回は久しぶりに空売りです onpu07[1]

私が狙ったのはこちらの銘柄
100910f.gif

3600円から4日続落で3350円まで下落。その後、ダブルボトムをつけると窓を空ける急上昇になりました
このようなチャート形成は珍しいものではなく、探せばいくらでもあります。

しかし、こうなるとどうでしょうか
100910e.gif

2つめの窓を空けて3530円まで上昇
3350円から2営業日で180円(5.3%)も上昇しました。
上昇が示す通り強さを感じさせる相場展開ですが、短期急上昇ということもあって翌日は利益確定売りに押されて小幅下落となりました。

こうなると・・・空売りをしたい投資家はチャンス到来だと思いがち。
短期急上昇で頭打ち」よって、目先は弱含み。
経験則「空いた窓は埋める」よって、1つめの3465円までは下げるだろう。
同じく「空いた窓は埋める」よって、2つめの3340円までは下げるだろう。

ところが
100910d

更に窓を空けて3715円まで上昇しました
直近安値3350円から、僅か4営業日で365円(10.9%)も上昇したのです。

こうなると、空売りを狙っていた投資家は から こんな顔に。

しかし、強気派は・・・
こだけ急騰すれば必ず下げる。
テクニカル分析では明らかに高値。必ず下げる。
必ず下げるのでここは辛抱だ。

こう考えて踏ん張るのですが、相場の勢いは納まりません。
更にこうなりました

100910c

更に上昇を続けたのです。
すると、強気派の こんな顔も こんな顔に。

株価はまさに ぶっ飛び
「短期急騰は目先で下落」これは経験則ですが、「強いものは強い」こちらも経験則。
今回は後者が当てはまる展開になっています。

短期急騰でも、その後も強い状態が続くと判断すれば買い付けますが、今回は「買いはリスク高」「空売りはリスク低」と考えていたので空売りするタイミングを見計らっていました。

株価があまりにも強いと、空売りしていた投資家が損失回避の買い戻し「踏み上げ相場」となり上昇に弾みが付いてしまうのです。この状況はまさにそんな感じ。
やや上値は重くなっていますが、下げることなく高値を維持し続けているので大きな買いが見て取れます。

投資家心理を利用する
大勢が買い向かった結果、株価は急上昇。すると、株価上昇に比例して利益確定しようと考える投資家は多くなる。同時に、空売りしていた投資家は踏み上げられ損失覚悟の買い戻しを余儀なくされる。この両者が一気に膨れ上がるところが天井になるのです。

投資家心理はこんな感じ
買い付けていた投資家は「ここまで上昇すれば、もう利益確定してもよいだろう」
空売りしていた投資家は「含み損は限界だ。もう損切りしないと大怪我になる」

買い手満足、売り手恐怖

そうやって、両者が一気に膨れ上がったところがこちら
100910b

ここが天井になると判断
空売りしました。

売値3865円
始値3860円、終値3815円、高値3875円、安値3800円

それでは、空売りした後の株価推移をご覧下さいませ
100910a.gif

空売りしたところより10%程度の下落になりました。
空売りしているので、利益です

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資の王道 好業績銘柄の押し目買い
9月2日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

業績と株価は比例する
これは当たり前のことですが、そうならないことが多いのも事実。
綺麗に表現すると、「業績の先行きを反映した株価推移」となりますが、実際は「相場の流れに連動して乱高下」が頻繁に起こります。よって、相場の流れを無視して好業績という理由だけで買い付けると、あっという間に含み損となりかねません。
相場格言「銘柄を買うのではなく時を買え」 この通り、好業績と相場の流れを合わせて検証することが大切だと考えています。

私が狙ったのはこちらの銘柄です
100901a.gif

業績と株価は比例する
この通り、好業績に比例して株価も上昇し続けています
急騰しているわけではなく、緩やかに上昇しているうえ直近安値から6.3%程度の上昇率なので更に上昇し続けると考える投資家は多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、私は相場の流れは近く下向きになると判断
買わずに見送りました。
今までは好業績に比例して株価も上昇してきましたが、相場の流れが下向きになれば連動してこの銘柄も下げると判断。今すぐに買うのはリスクが高いと思いました。

すると、日経平均はこのようになりました
100902jjj02.gif

狙っている銘柄も連動して下落
100901b.gif

日経平均は高値9795円から僅か3営業日で9300円まで495円(下落率5%)も下落したのです。
日経平均で5%下げているので、銘柄によっては1割近く下げているものも多々あるはず。
流れを読み間違うと大怪我しかねない相場環境でした。

そんな弱い流れに連動し、私が狙った銘柄も高値341円から321円まで20円(下落率5.9%)も下落。
もし強い流れに飛び乗っていれば・・・買う水準にもよりますが、もし高値付近で買い付けていれば3営業日で6%近く下げていたのです。

「高値付近では買わない」 そんな声も聞こえてきそうですが、それは後の株価推移を見たから言えることであり高値付近では分かりにくいのです。
これは投資家心理と株価水準の関係を見ればすぐに納得できます。
・少し下落する程度なら押し目買いはできますが、下落し続ければ不安になって買えません。
・少し上昇する程度なら疑りから買いを見送りますが、上昇し続ければ安心して買い向かえるのです。
言うまでもなく、前者における株価水準は割安で後者における水準は割高です。
これが普通の投資家心理と株価水準の関係。

普通の投資家心理なので「普通」なのですが・・・個人投資家の9割以上が負けている事実をもとに考えると「普通だから負けている」ということになります。よって、1割未満の勝ちを維持し続ける為には「普通とは程遠い投資家心理」になることが重要だと思っています。

具体的には
・下落し続けて大勢が不安にり、多く売り出したところを買い付ける。
・上昇し続けて大勢が安心し、多く買い向かったところで逃げる。
これだと考えています。
私も投資経験が浅かった頃は、上記した通りの投資法で負けを重ね続けていました

私が狙った銘柄は好業績ですが、大勢が安心して買い向かっていると判断したので見送っていました。そして、買い付けに適した「相場の流れ」と「株価水準」と「大勢が不安になって売り出す状況」になるまで待っていたのです

それでは、買い付けたところをご覧下さいませ
100901c.gif

買い付け日は7月21日
始値333円、終値328円、高値336円、安値327円
買値330円

最後に、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ。
まずは、日経平均
100902j2.gif

私が買い付けた銘柄も
100901d

買値からの上昇率は12%程度になりました

日経平均では目先弱含みを示唆する大陰線出現ですが、先の流れは強くなると判断。相場の強い流れに乗せるべく狙っていた銘柄を買い付けたのです。

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



ご説明

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。加えて、「素人投資家の株日記」で書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、株日記で書いている内容とは異なります。
配信についてはこちら を、ご覧下さいませ。

私が作成しましたホームページ
「素人投資家の挑戦」

明日の相場を考える株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

証券会社の選び方

証券会社の選び方
私が作成したHPで詳しく説明していますので、ご覧下さいませ。
「証券会社の選び方」
「証券会社一覧」

ご注意!

私が作成および管理しております株式投資の
サイト「素人投資家の挑戦」を、ご覧になられる場合の注意点。
☆Internet Explorer
☆解像度 (1024×768)(1280×1024)
☆文字サイズ (中)
に設定していただくことをおすすめします。
上記以外の設定でご覧頂いた場合、文字が重なったりずれたりする可能性がございます。

☆解像度の変更方法
ツールバー左下「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」→「設定」内にある「画面の解像度」にて変更。
☆文字サイズの変更方法
ツールバー左上「表示」→「文字のサイズ」内で変更。

証券会社の広告