アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析 アクセス解析 カウンター カウンター
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)2010年10月
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
株式投資で生活している個人投資家です。その売買記録です。
09 | 2010/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



政府・日銀による大規模な為替介入で買い付ける 第二弾
10月29日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

まずは、当時の状況(為替介入が行われるまで)を振り返ってみましょう

大まかな流れ
当時、急激な円高を抑制するために速効性のある「為替介入」期待が膨らんでいました。そんな中での 民主党代表選 結果は(介入に消極的だとされていた)菅首相が勝利した為、ほとんどの市場関係者は「介入無し=更なる円高=株売り」と連想しているところへ、意表を突く大規模な為替介入がありドル円相場は一気に急騰したのです。
最後の介入は2004年3月16日なので、およそ6年半ぶりの介入です。

ドル円チャート
100915k2.gif

日経平均 日中足チャート
100915j.gif

ドル円相場の急騰に加え、株式相場も10時30分の9200円から9500円まで300円も急騰しました

おさらいはここまで

この介入で、私は即買い付けました

まずは、買い付けまでの株価推移をご覧下さいませ
10102901.gif
460円から490円の間で推移するボックス相場になっていました。

そんな中 意表を突く大規模な為替介入 があり日経平均と共に、こちらの銘柄も急騰
10102902.gif

前日の終値が471円で介入後の終値494円。前日比4.9%の急騰になりました。
当日の安値からは29円上昇していますから、当日だけで見ると6.2%もの上昇率です。

買値は 478円

買い付け早々に買値より3.3%も上昇していますが、こんなことは滅多にありません

この急騰で、株価はボックス相場の上限まで一気に上昇。
凄い上昇なので追いかけたい!でも、1日でこれだけ上昇すれば後が怖いなぁ
ボックス相場上放れという見方もできるけど、大幅高で突破しているのでダマシになりそう

強気派は、「ボックス相場上放れとなり上昇に弾みがつく」
弱気派(冷静且つ慎重な投資家)は、「ボックス相場の上限へ一気に達している為、急落する恐れあり」
という見方になると思います。

後者について補足
ボックス相場の上限は、言い換えると上値抵抗。また、ボックス相場の値幅(上値と下値の値幅)が大きければ大きいほど抵抗は強くなるうえ、今回の場合はボックス相場の値幅30円に対し29円も上昇して突破する展開なので、明らかに無理のある(目先で下落する可能性が高い)上昇だと考えられるのです。

但し、これは経験則であり現在の環境は全く含まれていません。
経験則(テクニカル分析)は誰でも利用できるのに、大手証券会社が出しているデータでは個人投資家の9割以上が負けているのです。要するに、経験則だけでは高い勝率が維持できないということ。
経験則を利用することは検証する上で重要なことですが、同じ相場環境や流れは2度と起こらないのです。よって、私は経験則ではなく今の流れや環境を重要視しています。

経験則では、明らかに無理のある(下落する可能性が高い)上昇。
しかし、この場合は強気で進めるべきだと判断。買い付けました

前引け後に私からの配信を希望されていらっしゃる方へ配信
9月15日 11時 配信分
○私の投資法です(休憩時間を含め、取引時間中の配信は例外になります。)
為替介入が実施されました。規模は後で公表されるようですが、野田財務大臣が「円売り介入を実施」と発言。確実に実施されました。ドル円相場が円高に進んだ後、一気に60銭ほど円安になったので介入は間違いないと判断。買い付けは予定していませんでしたが、「往って来い」を覚悟の上で輸出関連株を中心に買い付けました。銘柄はいつも通り、大引け後にお伝えします。

大引け後の配信
本日、○銘柄を買い付けました。
(****) 買値***円
(****) 買値***円
(****) 買値***円
(****) 買値****円
     ・
     ・
      ・
○私の投資法です
**********
**********

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
10102903.gif

売り込まれることなく3日続伸
その後、下落

ところが・・・この下落が程良い調整となり
10102904.gif

後の急騰につながったのです。

全部のチャートをくっつけると
10102905.gif

買値より20%近い上昇率になりました
仮に、為替介入直後の高値となる500円で買い付けても10%以上の上昇率

ステキ・・・
こんな展開、予想できなかったなぁ

いつもと同じく、私はこんなところまで保有していません。
利益は この程度でした

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

政府・日銀による為替介入&意表を突く介入のタイミング&即買い付け
10月21日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

まずは、当時の状況(為替介入が行われるまで)を振り返ってみましょう

大まかな流れ
当時、急激な円高を抑制するために速効性のある「為替介入」期待が膨らんでいました。そんな中での 民主党代表選 結果は(介入に消極的だとされていた)菅首相が勝利した為、ほとんどの市場関係者は「介入無し=更なる円高=株売り」と連想しているところへ、意表を突く大規模な為替介入がありドル円相場は一気に急騰したのです。
最後の介入は2004年3月16日なので、およそ6年半ぶりの介入です。

ドル円チャート
100915k2.gif

日経平均 日中足チャート
100915j.gif

ドル円相場の急騰に加え、株式相場も10時30分の9200円から9500円まで300円も急騰しました

おさらいはここまで

この介入で、私は即買い付けました

ここで買い付け
101021a1.gif

買値 270円

実は・・・
101021a2.gif

それまでに、4日続伸していたのです。

9月8日の安値247円から9月14日までの262円まで15円の上げ幅。上昇率は6.1%です。

そして15日の介入で株価は急騰するのですが、これで5日続伸。
買い付けたところが270円なので、8日の安値から見ると9.3%の上昇率。
前日比では14日の終値が262円なので3.1%の上昇率。

明らかに短期急騰で加熱感たっぷりですから、こんな時は短期急落のリスクも高くなります。
いわゆる 「高値掴み」 になりかねない状況。
そんな中で、 買い付けました

そして、前引け後に私からの配信を希望されていらっしゃる方へ配信

9月15日 配信分
○私の投資法です(休憩時間を含め、取引時間中の配信は例外になります。)
為替介入が実施されました。規模は後で公表されるようですが、野田財務大臣が「円売り介入を実施」と発言。確実に実施されました。ドル円相場が円高に進んだ後、一気に60銭ほど円安になったので介入は間違いないと判断。買い付けは予定していませんでしたが、「往って来い」を覚悟の上で輸出関連株を中心に買い付けました。銘柄はいつも通り、大引け後にお伝えします。

大引け後 配信分
本日、○銘柄を買い付けました。
(****) 買値***円
(****) 買値***円
(****) 買値***円
(****) 買値****円
     ・
     ・
      ・
○私の投資法です
**********
**********

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
101021a3.gif

3日続伸して、買値からの上昇率は10%程度になりました。

更に
101021a4.gif

一旦調整した後、更に上げ幅を拡大しました。
保有を続けていれば、10%を大きく上回る利益になっています。

「保有を続けていれば・・・」と書いていますように、私はこんなところまで保有していません。
利益は この程度でした


テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

下落トレンドは要注意
10月15日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
101014a0.gif

僅か3営業日で1割減
200円の株価が180円まで下げてしまいました。

保有してる人にとっては
「早く逃げるが勝ち」「逃げ損ねた人はあっという間に大きな含み損」 という状況

しかし、買い付けを狙っている人にとっては
「僅か3営業日で10%も下落しているのだから、大きなチャンスになる」という状況

3営業日の大幅下落で(見切り売り、損切りした人が多いため)売り圧力は低下。
そこへ、待っていた買い手が勢いづきました。
それを示すのが最後に現れた「陽の丸坊主」。
始値を下回ることなく上昇して高値引けという強い足で、目先強含みを示唆。

しかし、私は経験則がダマシになる可能性が高いと判断
買い付けませんでした。

すると、株価はこんなふうに
101014a1.gif

陽の丸坊主が出現した日を一度も上回ることなく揉み合い続け、挙句の果てに急落

揉み合いの中央値185円から一気に173円まで急落。下落率は6.5%
始めの200円から見ると27円安となり、下落率は13.5%です。

更なる急落で(見切り売り、損切りした人が多いため)売り圧力は低下。
そこへ、今度こそは底打ちするだろうと買い手に勢いがつきました。
それを示すのが、最後の「下ヒゲの長い陽線2連発」

しかし、これで下げ止まらないのが株式相場の怖いところ

こうなりました
101014a2.gif

また、陽線出現の日を一度も超えることなく揉み合い急落したのです

今度は173円から154円まで19円も急落。下落率は11%
始めの200円から見ると46円安となり、下落率は23%です。

ここまで来て、ようやく下落トレンドだと気付くのですが後の祭り。
誤解を恐れずに言えば、相場は常に後の祭りです。
過去の推移を振り返ってこそ、上昇トレンドだ!下落トレンドだ!揉み合い相場だ!と分かるのであって、先のトレンドが分かるはずありません。先が分かれば苦労しませんし、分かる人は世界一の大金持ちになっているでしょう。

下落 ⇒ 揉み合い ⇒ 下落 ⇒ 揉み合い ⇒ 下落・・・
これが下落トレンドの怖いところ。

下げた後に揉み合う為、「下げ止まったのではないか」と思うのです。
更に、大きく下げれば下げるほど後に起こる揉み合いで下げ止まり感が強くなり売れなくなってしまう・・・
こうなると塩漬け株の誕生になりかねない為、注意が必要です

投資家にとって重要なことは、先を予想すること。
先に書いたことと少し矛盾しますが、予想しながら投資して尚且つ負けよりも勝ちの方が多くならないと資産は増えません。

ここまでの推移を見て 私は下落トレンドが終了すると判断。
買い付けました
101014a3.gif

買値 158円

前日の終値が154円なので、2.6%高のところで買い付けです。

下落トレンドが続くと判断すれば、今回の上昇も今までと同じくダマシとなり揉み合い後に下落。
とても買える状況ではありません。
逆に、下落トレンドが終わると判断すれば買いチャンスになります。

どちらに軍配が上がるのか

それでは、買い付け後の株価をご覧下さいませ
101014a5.gif

買い付け後、2営業日で170円まで上昇

買値からの上昇幅は12円。上昇率は7.6%

このままでは終わらない 101014a6.gif

一旦揉み合いますが、更に上昇して180円まで上げ幅を拡大

買値からの上昇幅は22円。上昇率は14%

更に
101014a7.gif

また揉み合いますが、更に上昇して185円まで上げ幅を拡大

買値からの上昇率は17%

ここまで来ると・・・そう!今度は上昇トレンドになっているのです。
上昇 ⇒ 揉み合い ⇒ 上昇 ⇒ 揉み合い・・・という展開。
急上昇した後の陰線出現。こんなところも、先の下落トレンドと全く逆。

そして、最後に一発
untitled7.gif

onpu07[1] 特大の大陽線が出現

195円まで上げ幅を拡大  買値からは37円高。上昇率は23%です。

いつもと同じく、私はこんなところまで保有し続けていませんので利益は少しだけ

株価下落で強気になり、株価上昇で弱気になるのが私
理想は「両方強気」ですが、そう上手くはいきません。
自分で言うのもなんですが、「人は強いところがあれば必ず弱いところもある」。なので、これで良いと思っています。

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

経験則では下落示唆でも、我が道進み買い付ける
10月6日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

前回ご紹介時に書いていた最後の部分をもう一度ご覧下さいませ

日経平均株価
100924a10.gif

8月19日にかけて上昇しますが、その後は一転して急落です。
よって、今回ご紹介の銘柄は少ない利益になりましたが、投資法としては正解だったのです

このままでは終わらない
その先をご覧下さいませ
8月25日に底を打っていますが・・・・実は翌26日に7銘柄を買い付けているのです
その後に起こる日経平均の上昇トレンド。保有していた銘柄もしっかり連動して含み益を伸ばしました。

次の紹介は、この26日買い付け分になりますので楽しみにお待ち下さいませ

ここまでが前回書いていたところ。

お待たせしました!! 

それでは、その26日買い付け分を紹介したいと思います。
今回ご紹介の銘柄はこちら
101006h1.gif

2200円から2400円の間で推移するボックス相場が続いた後、7月に下抜けするもすぐに回復して再びボックス相場となりました。

そして、8月中旬にボックス相場の下限に達するのですが、今度は上昇せず安値揉み合いに移行。
結局、上昇へ向かうことなく下落してしまいました。

こうなると、ボックス相場下抜けによる売り圧力 だけではなく、下限で揉み合ったことによる売り圧力 も加わるので下げ幅は大きくなるというのが経験則。



しかも、7月の安値を割り込む展開とくれば、更なる下落を予想するのが普通。
言い換えれば、「こんなところで買い付ける人は少数」

7月の安値を割り込んでしまう
101006h2.gif

経験則では、明らかに目先下落を示唆するもの

しかし、私は買い付けました
101006h3.gif

赤い枠で囲んだところ
101006h4

始値2119円 終値2097円 高値2124円 安値2077円
買値2020円

・誰もが怖がるところ
・誰もが買わないところ
こんな時は株価も割安なので買い付けチャンスになる

逆に
・誰もが安心している時
・誰もが買いたい時
こんな時は株価も割高なので見送るのが良し

でも、多くの投資家は「株価水準」よりも「多勢の動きにならえ」となる為、後者の状況で買い向かってしまうのです
これを繰り返すのは本当にもったいない

多勢の動きに合わせると安心感はありますが、勝率アップにはなかなかつながりません。
ほんの少しだけ「多勢と違った行動をとる勇気」があれば勝率アップにつながるのです。

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
101006h5

買値からの上昇率は14%程度になりました

でも、これは保有を続けていればのお話。
私はもっと手前で売っているため利益は少しでした

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



ご説明

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。加えて、「素人投資家の株日記」で書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、株日記で書いている内容とは異なります。
配信についてはこちら を、ご覧下さいませ。

私が作成しましたホームページ
「素人投資家の挑戦」

明日の相場を考える株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

ご注意!

私が作成および管理しております株式投資の
サイト「素人投資家の挑戦」を、ご覧になられる場合の注意点。
☆Internet Explorer
☆解像度 (1024×768)(1280×1024)
☆文字サイズ (中)
に設定していただくことをおすすめします。
上記以外の設定でご覧頂いた場合、文字が重なったりずれたりする可能性がございます。

☆解像度の変更方法
ツールバー左下「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」→「設定」内にある「画面の解像度」にて変更。
☆文字サイズの変更方法
ツールバー左上「表示」→「文字のサイズ」内で変更。

証券会社の広告