素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
09 | 2010/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



経験則では下落示唆でも、我が道進み買い付ける
10月6日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

前回ご紹介時に書いていた最後の部分をもう一度ご覧下さいませ

日経平均株価
100924a10.gif

8月19日にかけて上昇しますが、その後は一転して急落です。
よって、今回ご紹介の銘柄は少ない利益になりましたが、投資法としては正解だったのです

このままでは終わらない
その先をご覧下さいませ
8月25日に底を打っていますが・・・・実は翌26日に7銘柄を買い付けているのです
その後に起こる日経平均の上昇トレンド。保有していた銘柄もしっかり連動して含み益を伸ばしました。

次の紹介は、この26日買い付け分になりますので楽しみにお待ち下さいませ

ここまでが前回書いていたところ。

お待たせしました!! 

それでは、その26日買い付け分を紹介したいと思います。
今回ご紹介の銘柄はこちら
101006h1.gif

2200円から2400円の間で推移するボックス相場が続いた後、7月に下抜けするもすぐに回復して再びボックス相場となりました。

そして、8月中旬にボックス相場の下限に達するのですが、今度は上昇せず安値揉み合いに移行。
結局、上昇へ向かうことなく下落してしまいました。

こうなると、ボックス相場下抜けによる売り圧力 だけではなく、下限で揉み合ったことによる売り圧力 も加わるので下げ幅は大きくなるというのが経験則。



しかも、7月の安値を割り込む展開とくれば、更なる下落を予想するのが普通。
言い換えれば、「こんなところで買い付ける人は少数」

7月の安値を割り込んでしまう
101006h2.gif

経験則では、明らかに目先下落を示唆するもの

しかし、私は買い付けました
101006h3.gif

赤い枠で囲んだところ
101006h4

始値2119円 終値2097円 高値2124円 安値2077円
買値2020円

・誰もが怖がるところ
・誰もが買わないところ
こんな時は株価も割安なので買い付けチャンスになる

逆に
・誰もが安心している時
・誰もが買いたい時
こんな時は株価も割高なので見送るのが良し

でも、多くの投資家は「株価水準」よりも「多勢の動きにならえ」となる為、後者の状況で買い向かってしまうのです
これを繰り返すのは本当にもったいない

多勢の動きに合わせると安心感はありますが、勝率アップにはなかなかつながりません。
ほんの少しだけ「多勢と違った行動をとる勇気」があれば勝率アップにつながるのです。

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
101006h5

買値からの上昇率は14%程度になりました

でも、これは保有を続けていればのお話。
私はもっと手前で売っているため利益は少しでした

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives