アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析 アクセス解析 カウンター カウンター
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)2011年09月
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
株式投資で生活している個人投資家です。その売買記録です。
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



下ヒゲの長い足を見極める 第二弾
9月28日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています 

下ヒゲの長い足を見極める 第二弾
~ 下ヒゲの長い足になることを予測して買い付ける。先取り投資とは ~


まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
110928t2

ドスンと急落した後に出現した 下ヒゲの長い足

下ヒゲの長い足とは
売り込まれるも大きく買い戻されたことを示す足なので、目先強含みを意味します。
詳しくは、ローソク足の読み方 基礎2 こちらをご覧下さいませ。

805円から760円まで5.6%下落した後に出現。
急落による割安感から買い戻しが入りました。でも、私は買い付けずに見送り

株価はこうなりました
110928t3

反発せず750円まで下落。その後、780円まで少し戻すも今度は窓を空けて急落しました。
724円まで下げていますから、1番始めに出現した下ヒゲの長い足から5.5%の下落です。

ここで、2回目となる 下ヒゲの長い足が出現
前回と同じく、急落による割安感から買い戻しが入りました。ここでも私は買い付けずに見送り

株価はこうなりました
110928t4

なんと、4営業日で安値620円まで14%も下げてしまいました。
しかも2回の窓空けという急落ぶり。

こうなると
・失望売り
・上値の重さを嫌気した売り
・恐怖の売り
・投げ売り
これらが多く出たと考えられますから、売り圧力は低下。加えて、冷静な判断を失った売りが出ている為、行き過ぎた売りも出ていると思われます。

そう考えると
・底打ち
・売り圧力が低下しているので、騰がりやすい
・買いのチャンス
このように判断される投資家も多くいらっしゃるはず。
その動きが大きな買い戻しにつながったと考えられます。
安値619円から終値655円まで、当日に5.8%も戻しました。それでも私は買い付けずに見送り

大勢が安心して買い向かっているのに
頑固だな
利益を取り損ねますよ
そんな声も聞こえてきそうですが、私は 我が道を行く です。
「買ってはいけない」と判断すれば、誰が何と言おうとも買わないのです。それが私の投資法。

そして、株価はこうなりました
110928t5

翌日に高値で反発するも、終値でマイナス。
その後、しばらく揉み合ったあと窓を空ける急落。更に下げ幅を拡大させて安値543円まで下げたのです。
1回目に出現した下ヒゲの長い足から見ると29%の下落
2回目から見ると25%の下落
3回目から見ると17%の下落

買わなくて正解です

相場が分からない
信じられない
ありえない
もう嫌だ
そんな声が多く聞こえてきそうですが・・・そんなところを買い付けました

今度は
大勢が不安になって売り出しているのに
頑固だな
大損しますよ
そんな声も聞こえてきそうですが、私は 我が道を行く です。
「買いだ」と判断すれば、誰が何と言おうとも買うのです。それが私の投資法。

買値547円
始値563円 高値564円 安値543円 終値559円

その日、終値で 下ヒゲの長い足 が出現しました。
結果論ではありますが、下ヒゲの長い足を先取りした買い付けです。

上記しています通り、過去に3度の裏切りがありました。
4度目は本物でトドメの一発になるのではないかと判断。自信がありました。

それでは、買い付け後の株価をご覧下さいませ
110928f6

買値からの上昇率は15%ほどになりました

前回ご紹介時にも書いていますが、いつも当たるわけではありません。
さまざまな投資法を含め、ハズレよりもアタリの方が多いので少しずつ資産が増えているのです。
地道にコツコツ・・・これが一番安全で確実ですね。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。2つのランキングのどちらかで銘柄公開しています。(更新後、少し経ってからランキングに反映されます)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

下ヒゲの長い足を見極める
9月22日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています 

下ヒゲの長い足を見極める
~ ダマシを回避、本物の足を見つける ~


まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
110922p1

売り込まれるも、そこから買い戻されたことを示す 下ヒゲの長い足 が出現しました。
揉み合い後の出現なので、上放れの可能性を含む強さを意味します。

ところが
110922p2

7営業日で、850円から769円まで10%も下げてしまいました
そこで再び 下ヒゲの長い足 が出現。

ところが
110922p3

今度は2営業日で、769円から733円まで4.7%下落。安値でみると706円なので8.6%の下落です。
結果は戻しているものの、2営業日でこれだけ下げれば恐怖の投げ売りが多く出たと考えられます

でも、結果は大きく買い戻されているので、また 下ヒゲの長い足 が出現。
こうなると、恐怖の投げ売りから戻しているので底打ち気配を感じる投資家も多くなっているはず。

ところが
110922p4

反発は1日で終わり、後は揉み合い。
始めの揉み合い(一番上のチャート)は下げてきた結果を見てから分かることですが、高値圏での揉み合い。それなら下げても仕方ありません。でも、今回は下げてきたところでの揉み合い。そして最後に 下ヒゲの長い足 出現。

「今度こそは間違いなく底打ちだ」
このように考える投資家はより増えているはず。

正確に言えば、その前日も同じような足が出現しています。また、揉み合いで形成された上値を抜けているので揉み合い上放れの可能性もありました。

ところが
110922p5

揉み合い上放れを感じさせる終値720円から4営業日で、626円まで13%も下落したのです
乱暴な言い方をすれば、経験則は全くアテにならない。

こうなると
こんな顔だった投資家も
このようになっておられたかもしれません。

その翌日。
再び 下ヒゲの長い足が出現 ここで買い付けました。
買値634円
始値635円 高値648円 安値619円 終値645円

それでは、買い付け後の株価をご覧下さいませ
110922p6

買値より13%程度の上昇になりました 

全体チャートはこちら
110922p7

いつも当たるわけではありません
当り前のことですが、いつも 本物の「下ヒゲの長い足」 を見つけられるわけではありません。
さまざまな投資法を含め、ハズレよりアタリの方が多いので少しずつ資産が増えているのです。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。2つのランキングのどちらかで銘柄公開しています。(更新後、少し経ってからランキングに反映されます)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

大勢が嫌がる業種を狙い撃ち
9月13日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています 

大勢が嫌がる業種を狙い撃ち
~ 大勢が喜ぶ銘柄は割高、大勢が嫌がる銘柄は割安 ~


私が狙った銘柄はこちら
110913f5

940円から800円まで一本調子で右肩下がりになりました。
7営業日で、下落率はなんと15%です

まるで業績下方修正か、別の大きな悪材料が出たような下げ方になっています。
でも、こちらの銘柄は好業績銘柄。

売られている要因は「円高」 でした。
もちろん、欧州財政悪化や米国景気悪化問題など懸念材料は山積でしたが(日本の景気へも大きく影響する為、日本株への売り要因になる)、歴史的な円高水準が嫌気され、とくに輸出関連株が軒並み叩き売られる展開になっていました。

そんなところで、800円まで下げた後に大きく買い戻される足が出現
翌日は陰線ですが、前日の終値(高値)を下回らない強さを見せました。

これを本物の反発と判断するか、一過性だと判断するか・・・
よく検証した結果、見送る方が良いと考えました。

するとこうなりました
110913f4

800円で揉み合い。
今度は、底堅いと判断するか、売り圧力に負けると判断するか・・・
前者なら揉み合い上放れで、後者なら揉み合い下放れ
よく検証した結果、今回も見送る方が良いと考えました。

するとこうなりました
110913f2

売り圧力に負けて揉み合い下放れとなり、700円まで下落。
直近高値となる8月1日の940円から700円まで240円も下げてきました。下落率は26%

大勢が嫌がり売り続けた・・・
反発の兆し見せない展開で、誰もが見向きしなくなりそうなところ・・・
そんなところを買い付けました。
買値703円

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
110913f3

買値より10%の上昇率になりました

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。2つのランキングのどちらかで銘柄公開しています。(更新後、少し経ってからランキングに反映されます)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

驚愕の取り返し第2弾(取り返し投資法とは)
9月8日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています 

驚愕の取り返し 第2弾 (取り返し投資法とは)
~ 前半の負けを後半に取り返す ~
~ 短期集中で驚愕の買い付け、狙う業種も集中。強さを感じた時から追いかけ買い連発。 ~


前回と同じ解説方法で進めたいと思います。
まずは、大暴落した相場を見て下さい。
日経平均 チャート
110902jj2

赤枠で囲んだところをご覧下さいませ。
安値となる「底割れ(前回の安値および強い下値抵抗を下回ること)」から戻したものの、その後は乱高下していますので上昇に懐疑的な見方をする投資家も多くおられる状況。

・米国経済への不安
・米国における重要な経済指標発表を前に警戒
・欧州財政悪化問題
・円高
・景気の二番底
・上値は重い
・一部の投資家が買っているだけで勢いは持続しない
・またすぐ下げる
その他いろいろ、一般的な相場解説ではこのようなことが連呼されていました。実際、この考えに準ずる投資家も大勢いらっしゃったと思います。

上記した問題点は実際にあることですし、目先の動向も予想なのですから問題無し。ただ、「解説が利益になる方」と、「投資して成功しないと利益にならない投資家」とは視点が違うことを忘れてはいけないと思っています。

大勢が悲観、警戒、恐怖、懐疑的と感じている時
私は、そんなところで集中的に買い付けました 業種も絞り込んでいます

いつも通り
大勢が「非観、警戒、恐怖、懐疑的」と感じている時に、こっそり買い付け。
大勢が「楽観、安心、喜び、上昇に疑い無し」と感じている時に、こっそり手仕舞い。
これが私の投資法。

その後、日本株はこうなりました。
110901jj1.gif

8650円から9060円まで410円(4.7%)上昇しています

私の買い付け銘柄は、日経平均のパフォーマンス以上に上昇
直近で買い付けていた銘柄の(買値からの)上昇率です。
全部で15銘柄買い付けていました。

銘柄A・・・15%
銘柄B・・・13%
銘柄C・・・12%
銘柄D・・・12%
銘柄E・・・11%
銘柄F・・・11%
銘柄G・・・11%
銘柄H・・・11%
銘柄 I・・・10%
銘柄J・・・10%
銘柄K・・・7%
銘柄L・・・7%
銘柄M・・・7%
銘柄N・・・6%
銘柄O・・・6%

お待たせしました、それでは取り返し投資法 第2弾をご覧下さいませ。

こちらが狙った銘柄です
110908v.gif

924円から764円まで160円(17%)も下げてきました
途中で何度か反発しますが、ほとんど一本調子の下落トレンド。凄まじい下げ幅になっています。

この下げ止まりを狙っていこうと考え、待ち続けていました。
そして
110908v1.gif

一旦反発するも往って来い。
そこから揉み合いになったところで買い付けました。
買値750円
始値751円 高値755円 安値745円 終値748円

しかし
110908v2.gif

翌日に反発するも、そこから一気に急落。
大幅安連発で、4営業日後に損切り。
前回の「勉強できる私の買い付け」でも書いていますが、買値より(終値で)1割減になれば必ず損切りします。
損切りの重要性については、ホームページ「素人投資家の挑戦」TOPページ中段「投資の心得 その1」で書いていますので参照下さいませ。

損切りは残念ですが、投資で勝率100%はありえません。
1割上昇で利益確定する時があれば、1割下落で損切りすることもあります。これは絶対に避けられないこと。
大切なのは最低でも5対5、もしくは6対4で勝つことです。

私はすぐに頭を切り替え、次の買いチャンスを狙っていました

ここで買い付け
110908v3.gif

買値649円
始値652円 高値660円 安値641円 終値657円

損切りしてから僅か2営業日で買い付けるなんて
それなら損切りしなければいいのに

損切りしてから僅か2営業日で買い付けるなんて
そんなに早く底打ちしたと分かるの

損切りしてから僅か2営業日で買い付けるなんて
損切りしたら一旦休んで、冷静になって判断する方がいいのに

損切りしてから僅か2営業日で買い付けるなんて
早く損を取り返したいばかりに焦り過ぎでは

そんな声が多く聞こえてきそうです
でも、私は買い付けました。

それなら損切りしなければいいのに・・・
底打ちしたと判断したのは後です。そこで損切りした時は底打ちしたと考えていません。
それなら、失敗を認めて潔く損切りする方が後の下落(するかもしれない)を回避できます。

そんなに早く底打ちしたと分かるの・・・
底打ちの判断は相場環境によるので、時間は全く関係無し。

損切りしたら一旦休んで、冷静になって判断する方がいいのに・・・
損切りした時点で冷静になっている為、その必要は無い。
悔しい思いで失望し続けていたら前に進めない。

早く損を取り返したいばかりに焦り過ぎでは・・・
損切りした時点で(良い意味で)損を忘れている。頭はすぐに切り替わるので焦っていない。

それでは、驚愕の取り返しをご覧下さいませ
110908v4

買値からの上昇率は10%を超えました

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。2つのランキングのどちらかで銘柄公開しています。(更新後、少し経ってからランキングに反映されます)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



ご説明

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。加えて、「素人投資家の株日記」で書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、株日記で書いている内容とは異なります。
配信についてはこちら を、ご覧下さいませ。

私が作成しましたホームページ
「素人投資家の挑戦」

明日の相場を考える株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

証券会社の選び方

証券会社の選び方
私が作成したHPで詳しく説明していますので、ご覧下さいませ。
「証券会社の選び方」
「証券会社一覧」

ご注意!

私が作成および管理しております株式投資の
サイト「素人投資家の挑戦」を、ご覧になられる場合の注意点。
☆Internet Explorer
☆解像度 (1024×768)(1280×1024)
☆文字サイズ (中)
に設定していただくことをおすすめします。
上記以外の設定でご覧頂いた場合、文字が重なったりずれたりする可能性がございます。

☆解像度の変更方法
ツールバー左下「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」→「設定」内にある「画面の解像度」にて変更。
☆文字サイズの変更方法
ツールバー左上「表示」→「文字のサイズ」内で変更。

証券会社の広告