アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析 アクセス解析 カウンター カウンター
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)2013年01月
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
株式投資で生活している個人投資家です。その売買記録です。
12 | 2013/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



掲載記念!今週は特別に2銘柄をご紹介!
1月31日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 13年3月号
「株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!」

こちらに私の投資法が掲載されました。
掲載内容は、ホームページ「素人投資家の挑戦」のトップページ上段、もしくはこちらをご覧下さいませ。申し訳ありませんが、内容はわざとぼかしてあります。

海外機関投資家につく 第三弾!第四弾!
~ 「押し目待ちに押し目なし」なら「押し目を待たずに買い付けよう」 ~

掲載されている裏ワザで、私が紹介した「海外機関投資家につく」
今回ご紹介する投資も、これを重要視した投資になります。

まずは、第三弾の銘柄
130131a1.png

素晴らしい上昇トレンドですが、310円付近で頭打ち。
軟調に推移し始めました。
こうなると
・上値が重い
・目先の天井
・急騰しているだけに下げ幅が大きくなるかも
・利益確定してくる投資家が増える
そんなふうに考える投資家が増えてきます。

でも、私は押し目買いチャンス到来だと判断して買い付けました。
買値は310円

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さい
130131a4.png
130131a2.png

買値からの上昇率は15%程度になりました

これでは終わらない
130131a3.png

利益確定した後、更なる押し目買いをしていました。
そして株価上昇は止まらず大幅高に・・・これ以上は秘密



続いて第四弾の銘柄
130131b1.png

素晴らしい上昇トレンド。
実は、11月15日に買い付けていました。その後はチャートが示す通り大幅上昇

そして、12月26日に再び買い付けました。
買値は2161円

でも、買い付けた水準はまさに高値
・せめて調整を待って押し目買いすれば良いのに
・高値なので、下げ始めたら失望売りと見切り売りが増えるかも
・リスクの高い買い付け
そんな見方も増えてきますが、私は順張りのチャンス到来だと判断して買い付けました。
「押し目待ちに押し目なし」なら「押し目を待たずに買い付けよう」というのが私流。

もちろん、安易に考えた投資法ではありません。
その裏には、「海外機関投資家が買ってくる」という考えがあったから。

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
130131b2.png


買値からの上昇率は10%を超えました

日本株全体が急騰し続けたので、テクニカル分析でも超加熱を示すものが多々出ていました。でも、海外機関投資家につけば怖くありません。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。今回は2銘柄なので両方のランキングで紹介しています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

海外機関投資家につく 第二弾!
1月25日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

海外機関投資家につく 第二弾!
~ 「押し目待ちに押し目なし」なら「押し目を待たずに買い付けよう」 ~

青春出版社「BIG tomorrow ビッグ・トゥモロウ」2013年3月号(本日発売)に掲載されている裏ワザで私が紹介した「海外機関投資家につく」。これを重要視した投資になります。

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
130125s1.png

素晴らしい上昇トレンド。
でも、昨年12月からは「押し目待ちに押し目なし」「売ったら負け」そんなことが多く聞こえてくる相場展開でした。調整らしい下げはなく、騰がりっぱなし。

「押し目待ちに押し目なし」なら「押し目を待たずに買い付けよう」というのが私流
もちろん、安易に考えた投資法ではありません。
その裏には、「海外機関投資家が買ってくる」という考えがあったから。

こんなところで押し目買いしていました
12月26日の買い付けです。
130125f2.png

チャートを見ればすぐに分かりますが、過熱感はたっぷり

・過熱感たっぷりなので、下落に転じると下げ幅も大きくなるのでは?
・天井を確認したことになり、売り出す投資家が増えるのでは?
・ここまで急騰すれば十分、利益確定する投資家が増えるのでは?
・このような展開になれば、買う人も少ないのでは?
そんな声が多く聞こえてきそうな展開になりました。

今、このチャートを見てもそう思われる人が多くいらっしゃるかもしれません。
それは日本人だから。実際、国内投資家は売り続けていました。

 でも、私は海外機関投資家が買い続けると判断
日本株は海外機関投資家の影響を強く受ける為、国内勢がどれだけ売っても海外勢が買い続ければ相場は上昇します。もちろん、逆も同じ。海外勢が売り続ければ国内勢がどれだけ買っても騰がりません。例外はありますが。

この銘柄でも同じことが起こると予想。押し目買いしました。
急騰トレンドの押し目買い  買値は170円

それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
130125s2.png

130125s3.png

買値からの上昇率は30%近くになりました

日本株全体が急騰し続けたので、テクニカル分析でも超加熱を示すものが多々出ていました。でも、海外機関投資家につけば怖くありません。急騰トレンドの押し目買いです。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。どちらか一方のランキングに書いています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

海外機関投資家につく 第一弾!
12月17日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

海外機関投資家につく 第一弾!
~ 超加熱でも怖くない。急騰トレンドの押し目買い ~

青春出版社「BIG tomorrow ビッグ・トゥモロウ」2013年3月号(1月25日発売予定)に掲載される裏ワザで私が紹介した「海外機関投資家につく」。これを重要視した投資になります。

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
昨年「12月28日の勉強できる私の買い付け」こちらで紹介した「第四弾」の銘柄になります。11月15日に買い付けた後、大きく上昇しました。
130117a11.png

実は・・・
上昇後に利益確定。こんなところで押し目買いしていました
12月21日の押し目買いです。
130117a01.png

チャートを見ればすぐに分かりますが、下落(調整)したとはいえ急騰後なので過熱感はたっぷり

・過熱感たっぷりなので、下落に転じると下げ幅も大きくなるのでは?
・天井を確認したことになり、売り出す投資家が増えるのでは?
・ここまで急騰すれば十分、利益確定する投資家が増えるのでは?
・このような展開になれば、買う人も少ないのでは?
そんな声が多く聞こえてきそうな展開になりました。

今、このチャートを見てもそう思われる人が多くいらっしゃるかもしれません。
それは日本人だから。実際、国内投資家は売り続けていました。

 でも、私は海外機関投資家が買い続けると判断
日本株は海外機関投資家の影響を強く受ける為、国内勢がどれだけ売っても海外勢が買い続ければ相場は上昇します。もちろん、逆も同じ。海外勢が売り続ければ国内勢がどれだけ買っても騰がりません。例外はありますが。

この銘柄でも同じことが起こると予想。押し目買いしました。
急騰トレンドの押し目買い  買値は3800円


それでは、買い付け後の株価推移をご覧下さいませ
130117a2.png

買値からの上昇率は10%を超えました

130117a3.png

同じ銘柄で利益確定2連発
日本株全体が急騰し続けたので、テクニカル分析でも超加熱を示すものが多々出ていました。でも、海外機関投資家につけば怖くありません。急騰トレンドの押し目買いです。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。どちらか一方のランキングに書いています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

日経平均1000円高に乗せる投資法 第六弾!
1月10日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

日経平均1000円高に乗せる投資法 第六弾!
~ 日本株への巨額資金流入に即乗りさせる ~


まずは、保有株を手放したところから

〇日経平均は10月に8500円から9000円まで上昇した後、長く揉み合いました。
その後、11月2日の9051円から下げ続け、11月13日には8661円まで390円(下落率4.3%)短期暴落。
まさに巨額資金流出。加えて、長く揉み合った後に起こった揉み合い下放れなので、失望する投資家も大勢おられたことだと思います。

でも、私はノーダメージでした。
私らの配信を希望されていらっしゃる方へ送らせていただいたメールの一部です。助言はしませんから、私が利益確定を進めていることを示す配信を何度も送らせていただきました。

------------------------------------------
10月22日 配信分
「私の投資法」
直近の相場は、(5日続伸で9000円台を回復。週間ベースでは468円(5.4%)の上昇で、これほどの上昇は2011年11月28日~12月2日までの上げ幅483円以来。TOPIXは1月以来の6日続伸。)という記録的な短期急騰になっていたので、利益確定売りのキッカケになることも考えられます。


「ちょっとしたアドバイス」
今回の急騰で利益が出ていれば、更なる上昇を狙わずに利益確定するのも一つの方法だと思います。仮に、1万円ほどの利益が出ていれば会費3ヶ月分、3万円の利益が出ていれば約1年分の会費に相当しますので、「会費タダで配信を利用、勉強してやろう」そんな考えをもたれてはどうでしょうか。(乱暴な表現ですが、自分について書いているのでお許しを)

私は地道ですが少しずつ資産を増やしていますので、長く配信を受けて下されば得ていだだけるものは多くあると自負しています。会費がタダなら、それも有りではないでしょうか。目先の利益や売買だけではなく、本質ともいうべき「相場での大きなお金の流れ、雰囲気」といったものを少しずつ学んでいただければ、本当の意味で「負けより勝ちが少し多くなる投資家」になられると思います。

長く配信を受けて下されば、少なくとも私と同じようになられると思います。


------------------------------------------
10月24日 配信分
「私の投資法」
仮に日本株が200円ほど下げても買いません。
売られた後に戻す動きになっても買いません。


------------------------------------------
10月25日 配信分
「私の投資法」です
今回は乱暴な書き方になっていますので、私の独り言だと思って下さい。株日記で「相場が試験を出してきた」と書いていますが、以下の内容が私の答えです。

*************がキッカケとなり、本日の相場は100円高になりました。直近の相場をチャートだけで判断すると底固い印象ですし、そういった解説も多くなってきました。でも、私はこのまま上昇する可能性は低いと考えています。

〇仕掛け的な買い
日経平均8500円で買えていなかった(直近の急騰で買えていなかった)機関投資家による「買わねばならない事情」から、その筋が意地でも引っ張り上げようとしているように見えます。自分達が買った水準よりも高くならなければ利益が出ない為、個人投資家を巻き込む(買わせる)相場を作り上げている。いくつもの機関投資家の思惑が一致し、暗黙の了解で互いに引っ張り上ている印象。

機関投資家は上昇させたくても、下値抵抗および金融政策への期待(本日発表されましたが、当時はまだ期待だけでした)という理由だけでは8900円付近での買い付けしかできません。露骨に引っ張り上げることができないので。そんな時に出てきたのが、**********。これなら****で引っ張り上げることができます。まさに、渡りに船で14時から大口買いが連発しました。

〇本来なら警戒する時(買いは慎重になる時)
・**********も軟調に推移。
・国内***************。
この状況で強い相場は要注意だと思っています。

〇**********売り出されるかも
上昇を仕掛けている機関投資家が、**********売り出してくる可能性があると考えています。今は、仕掛けた機関投資家の売り場つくり(逃げ場つくり)のよう。
これだと、米国株と同じ。米国株は*****堅調に推移しましたが、*******急落しています。同じことを日本でやろうとしているような気もします。

〇まとめ
上記した理由から、新規の買いは見送ります。


------------------------------------------
10月30日 配信分
「私の投資法」
金融政策決定会合がどのような内容でも(相場がどのように動いても)、買い付けるつもりはありません。今は待つ時(休むも相場)だと考えています。


------------------------------------------
10月31日 配信分
「私の投資法」
引き続き見送ります。欧州と関連の深い銘柄が注目されたとしても、今の状況では一時的(飛びついて買ってはいけない)と判断するのが妥当だと思っています。


------------------------------------------
11月2日 配信分
「私の投資法」
日米共に上昇する良い展開ですが、まだ買い付けません。
**********
**********。

***********
***********その辺りまで待つ予定です。


------------------------------------------
11月8日 配信分
「私の投資法」
日本株が下落しても買いは見送ります。
**********。

今の相場環境を考えると、大幅安の初日は様子見する方が得策だと思っています。長く買い付けていないと「やっと下げた。買い付けるぞ。」と焦る思いも膨らみがち。でも、相場に焦りは禁物。大幅安から更なる下落という展開はよくあることなので。

大幅下落すれば明日は反発するかもしれません。そんな時に買い付けていなければ「利益の取り損ね」となりますが、それは結果論。明日以降上昇していけば、上昇トレンドの押し目買いを狙えば良し。


------------------------------------------
11月9日 配信分
「私の投資法」
本日も買い付けは見送ります。
買い付けるポイントは、「米国株*****ドル」になると考えています。この**********。

日米共に大幅下落している為、いつ反発があってもおかしくありません。でも、今は待つほうが無難だと思っています。買わずに上昇すれば利益の取り損ねとなりますが、損をしていないので良し。


------------------------------------------
11月12日 配信分
「狙っている銘柄」
ご説明
1、銘柄横の株価は買い付けたいと考えている水準です。
但し、先の相場環境によっては白紙になる可能性があります。
2、水準に到達すれば全て買い付けるという意味ではありません。
書いている銘柄と違うものであったり、書いている水準と全く違うところで約定させることもあります。
3、水準を書いていないものは(狙う水準が)未定です。
4、大変申し訳ありませんが、銘柄に関するご質問はお受けできません。

(****)***** 1100円
(****)***** 400円
   ・
   ・
   ・
   ・

------------------------------------------

上記ている配信内容「一番始めの10月22日」をチャートに記しているので、その後の配信とチャートを照らし合わせ参考にして下さい。
121114j3.png

保有株の売り時はドンピシャでした。その後、何も買い付けず1ヶ月近く待ち続け・・・私からの配信を希望されていらっしゃる方は、買い付け銘柄の配信が全く無いので少し物足りなさを感じておられたかもしれません(そのようなメールはいただいておりませんが)。でも、私は情報提供者ではなく投資して利益を得ようと考える投資家なので、自分勝手に進めさせていただきました。同時に「私の投資法」として、なぜ待つべきなのか?ここまで下げているのに、まだ待つ理由は?そんなことを頻繁にメールしていました。

その後、上記した短期暴落になりました。でも、私はノーダメージ。



巨額資金流入を感じたところ
個別ではなく、日本株に海外から巨額の資金が流入したと感じたところで勝負しました。
1日集中買い。13銘柄を買い付けました。

〇日経平均のここで勝負しました
121214w1.png

しかし、8900円から9000円の間で長く揉み合っていただけに、目前に(上値に)壁ができています。
経験則で考えると・・・
8900円から9000円の間で買い付けていた投資家は、その後の暴落で含み損を抱えている状態。損切りせず保有し続けていた場合、「株価が戻ってきたら売り出そう」と考える投資家は少なくありません。これが、「戻り売り」と言われる動きで、再び下げてしまう要因。

でも、私は上記しました通り「海外から巨額資金が流入し続ける」と判断。
上値に控える壁を突破する可能性が高いと考え、勝負しました。

その後
121214w2.png

121214w3.png

壁を軽々突破。
日経平均は8700円から9700円まで1000円(上昇率12%)という大相場になったのです。
1月4日の大発会では、10688円まで1988円(上昇率23%)になりました!!
130110a4.png

その大相場に乗せた銘柄がこちら

第六弾になる銘柄です
130110a1.png

買値 815円

買い付け後の株価推移です。
130110a2.png

130110a3.png

買値からの上昇率を、お伝えする必要はないでしょう 一目瞭然です

予想が全て的中するわけではありません。
そんなことが可能なら、私は世界一のお金持ち。

いつまでも素人だった頃の自分を忘れることなく、慎重に検証を重ねています。
その結果、外れるよりも当たることが多くなっている為、少しずつ資産は増えています。

ホームページを作成した時は今と同じような成績になっていましたが、素人であることをいつまでも忘れない為に「素人投資家の挑戦」というタイトルにしました。投資経験は10年以上になりますので素人ではありませんが、今でもこのタイトルが大好き。
派手な売買はありませんが、これからも地道にコツコツと進めていきます。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。どちらか一方のランキングに書いています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



ご説明

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。加えて、「素人投資家の株日記」で書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、株日記で書いている内容とは異なります。
配信についてはこちら を、ご覧下さいませ。

私が作成しましたホームページ
「素人投資家の挑戦」

明日の相場を考える株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

証券会社の選び方

証券会社の選び方
私が作成したHPで詳しく説明していますので、ご覧下さいませ。
「証券会社の選び方」
「証券会社一覧」

ご注意!

私が作成および管理しております株式投資の
サイト「素人投資家の挑戦」を、ご覧になられる場合の注意点。
☆Internet Explorer
☆解像度 (1024×768)(1280×1024)
☆文字サイズ (中)
に設定していただくことをおすすめします。
上記以外の設定でご覧頂いた場合、文字が重なったりずれたりする可能性がございます。

☆解像度の変更方法
ツールバー左下「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」→「設定」内にある「画面の解像度」にて変更。
☆文字サイズの変更方法
ツールバー左上「表示」→「文字のサイズ」内で変更。

証券会社の広告