アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析 アクセス解析 カウンター カウンター
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)2016年02月
素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
株式投資で生活している個人投資家です。その売買記録です。
01 | 2016/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



単純な投資が一番
2月26日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

単純な投資が一番

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
160226f1

買値は4480円

その後
160226f2

大幅安ではないものの、上値が切り下がっていく嫌な展開。
弱さを感じさせるチャートです

安値では、買値から5%程度の下落。

少しずつ上値が切り下がっています。
このような展開は「戻る期待」を持ってしまう為、損切りするタイミングが難しい。その結果、気がついた頃には大損・・・これはとてもよくあるパターン。

今すぐ損切りすれば損失は少なくて済みます。
弱い展開だと分かっているのに、保有し続ける必要は無いと思います。

私は保有
弱さを感じさせるチャート・・・これは一般的な見方であり、必ず下げるものではありません。
また、このようなチャートになったからといって損切りしていたら、(私の場合は)勝率が悪くなってしまう。私の損切りルールは「買値より1割減で損切り(正確には、終値で1割減になると判断すれば売り、微妙なら持越し)」です。チャートに振り回されることはありません。

その結果
160226f3

160226f4

買値からの上昇率は11%になりました
いつも通り、私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付け時に私の考えている上値として「4800円から5100円の間」とお伝え済み。狙い通り、ドンピシャです。

すごーい! 

 すごーい!

どんな時でも「買値から1割減で損切り」
ある意味で融通が利かない頑固な考え。でも、この単純さが大きな力になる。
単純な投資法が一番だと思っています。

少し乱暴な表現になりますが、チャート形成で先が読めるなら苦労しません。
経験則通りにならないから難しい、でも楽しくてやめられない。株が好き

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。どちらか一方のランキングに書いています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

的確な損切りライン
2月18日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

的確な損切りライン

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
160217h3

買値は4480円

その後
160217h4

日本株の暴落に巻き込まれてしまい、1月21日には4125円まで下落
買値から8%の下落です。

私の損切りルール
買値より1割減で損切り。正確には、終値で1割減になると判断すれば損切り、微妙なら持越し。

損切りする水準まであと2%ありましたが、この時点で「2割減まで保有」することを決定。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へ配信させていただきました
・・・・・
・・・・・
〇損切りルールを変更します。
通常、買値から1割減で損切り。
正確には、終値で確実に1割減となりそうな時は損切り。微妙なら持越しです。

これを変更します。
・・・・・2割減まで保有します。
・・・・・
・・・・・


その後
160217h5

配信させていただいた1月21日で底打ちし、2月2日には4895円まで上昇。
上昇率は9%になりました 
160217h6

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付け時に私の考えている上値と下値をお伝えしております。
この銘柄については、上値が4800円から4950円の間とお伝え済みでした  狙い通り、ドンピシャ

安易に損切りラインを変更するのはよくありません
損切りは損を確定する為、躊躇してしまいがち。また、戻すかもしれないという期待も邪魔になる。
その結果、前もって決めておいた損切りラインまで下げてくると、自分の都合に合わせて損切りラインも下げ続けてしまう・・・昔の私がそうでした。株価は必ず上下するので、期待通り戻すかもしれません。しかし、下げ続けると1銘柄で大きな損失を被る危険もあり。

ここで、損切りについていただいた質問と私からの返事を紹介させていただきます。

----- ここから -----
ご質問
・・・・・自分としては、今は「下がれば買い」の買い時で「売る時」ではないよね?と思っているのですが、masaさんはいかがですか?以前、何らかの暴落の時に『例外的に損切りラインを20%』とされていたことがあったと思うのですが、今回はいかがですか?・・・・・暴落時でも、10%の損切りは必要なことでしょうか?・・・・

お返事
・・・・・
・・・・・
〇暴落で注意したいところ
当たり前のことですが、暴落の値幅は終わってみないと分かりません。十分に株価が回復したところで、「あの時は、これくらいの暴落だった」となるわけです。

暴落後半で買い付けた場合、その銘柄が含み損になっても保有し続ければ結果良しとなる確率は高い。でも、暴落初期で買い付けた場合に保有し続けると、あっという間に含み損が20%、30%と増えていくでしょう。こうなると精神的そして金銭的にキツイです。それをストップさせるのが1割減での損切り。

暴落に耐えて株価が戻ってくれば「結果良ければ全て良し」かもしれませんが、それまでの辛さは経験した人にしか分かりません。また、日経平均はある程度戻っているのに、保有した銘柄はそれほど戻していない・・・そんな事が起こるかもしれません。最悪なのは、戻した日経平均が再び下げる(調整する)時だけ連動して保有株が下げる場合です。こうなると、売り時が分からなくなり塩漬け株の誕生です。そんな塩漬け株が増え続ける恐怖も経験した人にしか分かりません。

偉そうに書いていますが、耐える辛さや塩漬け株が増え続ける恐怖・・・これは私が数えきれないほど繰り返してきた失敗です。

助言ではありませんが、テクニカル的な超割安感、異常値、暴落の値幅、下げている理由、業績の先行き、米国株の動向などを踏まえ「かなり下げている」と判断したところで買い付けた銘柄なら、保有するのも一つの方法だと思っています。

----- ここまで -----

チャートで説明します。
実際のチャートを用いて書きますが、こちらの銘柄が悪いという意味ではありません。また、売買を否定するものでもありません。損切りの重要性を示す為に、一つの例として書いているだけなので気分を害されないようにお願いします。

こちらの銘柄 
160218h9.png

今年2月に160円まで下げますが、それは結果。昨年の5月頃に分かるはずがありません。
当然ですが、見えるのは過去の相場展開です。チャートではこのように見えるだけ。
160218h10.png

530円の株価が短期で450円まで下落。15%も下落したので買ったとします。
しかし、株価は下げ止まらず400円まで下落。
160218h11.png

買値より1割以上も下げましたが、2割減まで保有すると決定。

160218h12.png

でも下げ止まらず、350円まで下落。2割以上も下げましたが、3割減まで保有すると決定。
160218h13.png

それでも下げ止まらず、300円・・・250円まで下げていく。ここで買値より38%の下落。
160218h14.png

それでも保有を続けたら 
160218h9.png

160円まで下落。買値より64%の下落です。
普通に考えれば、戻すには相当な時間が必要ですし、全く戻らず低迷し続けるかもしれません。これは辛い。

これが損切りラインを守る重要性です。
仮に450円で買って1割減となる405円で売っていたら、損失は160円まで下げた時とは比べものにならないほど少しで済んだはず。
損切りは損を確定するので嫌なものですが、損失を拡大させない方法でもあるのです。

繰り返しになりますが、安易に損切りの水準を下げるのではなく、十分に検証して「ここで売るのはもったいない」と判断できるなら、保有し続けるのも一つの方法だと思います。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。どちらか一方のランキングに書いています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

強い銘柄選び
2月9日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

強い銘柄選び

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
160210f0

買値は21110円

その後
160210f1


日本株大暴落に巻き込まれてしまい、20000円付近まで下落
買値から4%の下落です。

私の損切りルール
買値より1割減で損切り。正確には、終値で1割減になると判断すれば損切り、微妙なら持越し。

損切りする水準まであと4%ありましたが、この時点で「2割減まで保有」することを決定。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へ配信しました
・・・・・
・・・・・
〇損切りルールを変更します。
通常、買値から1割減で損切り。
正確には、終値で確実に1割減となりそうな時は損切り。微妙なら持越しです。

これを変更します。
・・・・・2割減まで保有します。
・・・・・
・・・・・


その後
160210f2


1月21日には19065円まで下落
買値より9.7%の下落です。
損切りルール「微妙なら持越し」なので保有。加えて、ルール変更に伴い余裕の保有。

その結果
160210f3

160210f4

2月1日に22845円まで暴騰

買値からの上昇率は8%になりました
上昇率は少し低めですが、私からの配信を希望されていらっしゃる方へは「私の考えている上値は23000円付近」とお伝え済みでした
狙い通り、ドンピシャです

日経平均の大暴落
日経平均3ヶ月2

これに巻き込まれて、買値より9.7%安なら上出来です。
そして、1月下旬からの戻り相場で買値から8%高。
強い銘柄選び

そして今・・・再び日経平均は大暴落
1602010g1.png

この暴落時に私がとった投資方法は・・・今は秘密です

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。どちらか一方のランキングに書いています。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。
(共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。)

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

お詫び
前回(2月2日)に更新しました「冷静な判断が実を結ぶ」こちらの記事を誤って削除してしまいました。
申し訳ございません。

本日(2月10日)の更新を楽しみにお待ち下さいませ。


ご説明

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。加えて、「素人投資家の株日記」で書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、株日記で書いている内容とは異なります。
配信についてはこちら を、ご覧下さいませ。

私が作成しましたホームページ
「素人投資家の挑戦」

明日の相場を考える株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

ご注意!

私が作成および管理しております株式投資の
サイト「素人投資家の挑戦」を、ご覧になられる場合の注意点。
☆Internet Explorer
☆解像度 (1024×768)(1280×1024)
☆文字サイズ (中)
に設定していただくことをおすすめします。
上記以外の設定でご覧頂いた場合、文字が重なったりずれたりする可能性がございます。

☆解像度の変更方法
ツールバー左下「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」→「設定」内にある「画面の解像度」にて変更。
☆文字サイズの変更方法
ツールバー左上「表示」→「文字のサイズ」内で変更。

証券会社の広告