素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



空売り攻勢から一転、待って待って待って買い付け~鉄が飛ぶ
3月12日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

空売り攻勢から一転、待って待って待って買い付け
~ 鉄が飛ぶ ~


空売りは滅多にやらないのですが、勝てると判断して1月中旬から空売りを続けてきました。
そして、今度は一転買い付けに転じました。その水準は、待って待って待ってのところ。

狙った銘柄は・・・  (5411)JFEホールディングス!! 

まずはこちらをご覧下さいませ
100312b9904

3700円から僅か6営業日で3355円まで9.3%も下落しました
狙っている銘柄が短期間でこれだけ急落しているのですから、買い手にとってはムフフ

でも、いつも書いている通り私はチャート形成やテクニカルではなく相場の流れ を重要視。
まだ下げると判断。買い付けはまだ早いと判断し、見送りました。
買い付ける前の準備運動 を始めたという感じでしょうか。

そして株価はこうなりました
100312b9902

なんと、3400円付近から6営業日で3100円まで8.8%も下落したのです
先ほどの水準で買い付けていれば・・・ムフフ どころではなく 恐怖です。

私が買い付けたのは2月1日
待って待って待って、買い付けました。

買値は3200円
始値3190円、高値3250円、安値3145円、終値3190円

買い付けた後はこうなりました
100312b9903

騰がったと思えば下がり、下がったと思えば上がりの繰り返し。

そこで私は、私からの配信を希望されていらっしゃる方へ「私の投資法」として送らせていただきました
メール内容を一部ご紹介
1月の中旬から空売りを柱とする投資法で進め、買い付けは待って待って待って*******で買い付けました。これで相場が上昇した時でも利益は出ます。ここまで進めてきたのですから、それらを手放すつもりはありませんし買値より(終値で)1割減まで保有を続けます。1割を超えれば潔く損切りします。
相場で焦りは禁物。投資は***********。********も重要です。 私の「*******投資法(*******)」長く会員様でいらっしゃる方には良く使う投資法なのでお分かりいただけていると思いますが、あらためて********の大切さを見直して下されば幸いです。今の相場環境で************はとても大切なことだと思っています。


2月24日にはこんなメールを
*******
***************
3月へ向けた足がかりになる仕込み*******
*********


そして株価は
100312b9901

買値より10%以上の上昇率 になりました te02.gif

「鉄鋼」なので、鉄が飛ぶですね。

同じ期間の日経平均はこちら
100312b000

騰がった と思えば下がり
下がった と思えば騰がり
の繰り返しで、方向感の出てこない相場展開が続いていました。

そんな中でも安心して保有を続けられたのは3月10日の「素人投資家の株日記」で書いていた 4つの投資法 です。

3月10日に書いていた内容をコピーしました
○「様子見」と「持たざるリスク」の面白い関係
直近の上昇は紛れもなく米雇用統計。それまでは株価動向が示す通り、雇用統計の発表を前に積極的になる投資家が少ない相場環境でした。そんな時に相場解説でよく言われた「・・・指標の発表を前に様子見ムード」。その通りではありますが、経済指標の発表は毎週あるのでこれを警戒して様子見しているといつまで経っても勝負できません。

「リスクを伴わないところに利益は無い」これもよく耳にする言葉。これは極論なので少し柔らかくすると、「リスクを最小限に抑えられるところで投資をすること」これが重要だと思っています。上記しています通り重要な経済指標の発表は毎週ありますので、リスク回避で様子見ばかりではいつまで経っても利益を生み出す勝負ができません。
実際に私が2月相場でとった投資法は以下4つになります(3月8日の株日記で記載)
安いところで買う(投資の基本)
相場が乱高下しても、自分の投資は乱高下しないようにする(相場は動かせないが、自分は動かせる)
策士策に溺れることなかれ(2月25日の株日記を参照下さいませ hand02[1] こちら
投資法をブレさせない(目先の動きや情報で変更させない)
買い付けた銘柄の株価推移については、3月8日の株日記を参照下さいませ hand02[1] こちら

こういった投資法にすることで、上昇後の「持たざるリスク」で買い付ける新たなリスクを抱えなくても済むのです。 正確には、「上昇後で買い付けても、先の含み益があるので余裕ある勝負になる」といった感じでしょうか。一発目の買い付けが「持たざるリスク」だと、同じリスクを取るのでもこのように大きな違いが出てきます。
以下省略。
コピーここまで

もう少し良く見ていただくと・・・
買い付け日の2月1日は、日経平均が10200円。買い付けた銘柄の買値は3200円。
そこから同じように上下を繰り返す揉み合いとなりますが、最後の日が日経平均10585円。買い付けた銘柄は3570円なので、日経平均3.8%の上昇に対して買い付けた銘柄は11.5%も上昇しています。

これが待って待って待って買い付けた投資法です

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives