素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



2度食べる
2月26日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

本日のタイトルは・・・2度食べる

4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。 3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

本日は少し長くなりますが、楽しみながら読んで下さい
まずは、2月26日で紹介していた買い付け銘柄をご覧下さいませ
当時の「私の勉強できる買い付け」で書いていた内容をそのままコピーします。

コピーここから

te02[1] 前々回が「空売り」9連発!5連発!
te02[1] 前回が「買い付け」へ転じる
te02[1] 今回は再び「空売り」に戻って6連発

第三弾 買い付けで大損するパターンもご紹介

空売りは滅多にやらない投資法ですが、勝てると判断した時は狙います

注目したのはこちらの銘柄
100226p02

3営業日連続して窓を空けました。これを「三空」といいます。
行き過ぎた買われ方を示唆し、目先弱含むという経験則があります。
「三空」については、私が作成しているホームページ「素人投資家の挑戦」TOPページの上段「ローソク足の読み方 応用②」で詳しく説明していますので参照下さいませ hand02.gif こちら

しかも、直近安値より6営業日続伸で上げ幅は20%にも達しています。
3営業日続伸した後に「三空」出現なので、大勢の投資家は「行き過ぎた買われ方をしている。経験則はドンピシャになるはず」と判断されるでしょう。

でも私は「まだ騰がる、ここで空売りするのは危険だ」と判断しました。
「三空」出現でも、重要視するのはテクニカル分析や経験則ではなく相場の流れ
私は空売りせずに見送りました。

ここでもう一度おさらい
高い勝率を維持し続けるには「テクニカル分析、経験則」ではなく「相場の流れ」を重要視しなければいけません。流れを無視して空売りしても踏み上げられるだけ。 経験則は過去のもの。どんなに精巧な分析方法でも今の流れは反映できないのです。経験則(テクニカル分析)は誰でも利用できるのに、大手証券会社が出しているデータでは個人投資家の9割が負けているのです。要するに、経験則では勝てないということなのです。

それでは「三空」出現後の株価をご覧下さいませ
100226p03

「三空」出現日に経験則で空売りしていたら・・・15%ほどの含み損です。
出現から4営業日後に3%ほどの下げ幅になりますが、今までの上昇を考えれば3%程度では薄利過ぎて(決済して)利益確定できないと思います。そうするうちに売値まで上昇。せめてもう少し下げるまで・・・と待っている間にどんどん上昇していき急騰。

いくらなんでも、ここまでくればさすがに下がるだろう そんな声が多くなりそう。
でも相場は魔物
そんな投資家の気持ちをあざ笑うかのように 更なる上昇へ向かったのです
「三空」出現日に経験則で空売りしていたら・・・23%ほどの含み損です。

そこで私は行動開始
100226p04

売値 1545円
始値1480円、高値1550円、安値1473円、終値1549円

ここで少し一服
勘の鋭い方はお気づきかもしれませんが、上記したチャートをひっくり返してみると
(日付もひっくり返っていますが、お許しを) 100226p041111

買い付けで大きな損失を被りかねない恐怖のパターンです

3日続落後に「三空」となり6営業日続落。下げ幅20%超え。
絶対に反発すると考え買い付ける ⇒ 少し反発するもすぐに買値に戻る ⇒ せめてもう少し上昇するまで保有しようと考える ⇒ そうしているうちに少しずつ下落 ⇒ 揉み合っているのでそろそろ反発するだろう ⇒ 急落 ⇒ いくらなんでも反発するだろう ⇒ 更に急落 ⇒ 大損の塩漬け株誕生
もしも「三空」出現日に経験則で買い付けていたら・・・23%ほどの含み損です

お待たせしました。私が空売りした後の株価動向をご覧下さいませ
100226p05

下落率は15%ほどになりました
空売りなので利益です te02.gif

コピーここまで

実は・・・この次があったのです

こちら
10041603.gif

空売りした後に急落 利益確定した後、今度は買い付けていたのです

もちろん、私からの配信を希望されていらっしゃる方へはお伝え済み
空売りした銘柄も配信している為、ひょっとしたら同じように空売りされている方がいらっしゃるかもしれませんし、空売りした後に保有を続けておられる可能性もあります。それなのに同じ銘柄を買い付けてまで利益を得ようとは思いません。でも・・・ここまで下げれば良しと判断。買い付けました。

買い付け後の株価をご覧下さいませ
10041602.gif

買値付近でしばらく揉み合いますが、下旬から下げ始めると買値より6.2%の下落になってしまいました。

下げたからといって慌てることは絶対にありません。
ホームページや、この日記で何度も何度も書いていますように 私の損切りラインは買値より1割減 です。
なぜ、1割減で損切りするのか?
理由はたくさんあるのですが、その中の一つに「1割減になるより、1割減となる前に上昇することが多い」言い方を換えると「買い付けた水準から1割減になることが少ない」これがあります。ですから、5%や6%下げても気にすることなく保有を続けています。

買値より1割減になることが多い方へ
買い付け水準が甘いと結果高値掴みとなり、買値より1割減になる比率が高くなってしまいます。でも、それ以上に保有を続けると塩漬けになる可能性が高くなってしまいますから(塩漬けに関してはホームページで長々と書いていますので、ここでは割愛させていただきます)、1割減になって耐える投資よりも1割減にならないような買い付け水準をひたすら勉強することが大切。少し乱暴な書き方になりますが、耐えるよりも見切って次の投資へ生かす方が投資技術は向上します。

高値掴みについて
経験を積んだ人が順張り等において高値掴みをする場合もあるので、高値を追いかけることが悪いわけではありません。但し、経験を積んだ人はリスクをしっかり把握して投資しているので経験の浅い方のそれとは違い、ダメージはとても小さくなります。

それでは、6.2%下げたところからの株価推移をご覧下さいませ
10041601.gif

6.2%減で底打ちすると後は大きな上昇になりました
買値からの上昇率は10%を超えています

空売りで  食べ終わったら、今度は買い付けで
2度食べる 満腹

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives