素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



検証を重ねて下した決断なら、目先の動きに一喜一憂せずドンと構える
11月17日 勉強できる買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。
(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
101117a1.gif

とても綺麗な上昇トレンド

しかし、1100円に到達した後は
101117a22.gif

上値が重くなり揉み合いへ移行。
大きく上昇してきた為、利益確定が多く出ています。ただ、強い相場になっているので押し目買いを狙う投資家も多く、利益確定で下げたところを買う動きもあり。こんな動きを示すのが上昇後の揉み合い相場です。

こうなると選択肢は3つ。
揉み合いから更なる上昇へ向かう「揉み合い上放れ」を予想して押し目買い。
揉み合いから売られ下落へ向かう「揉み合い下放れ」を予想して空売り。
どうなるか分からないので売買せず様子見。休むも相場。

私は 検証の結果 を選択するのが適切だと判断。
ここで買い付けました
101117a2.gif

買値 1105円

揉み合い上放れを狙っての買い付けでしたが
101117a3.gif

4営業日目には1069円まで3.3%下落しました

買い付け後、2営業日目に急落するも下ヒゲの長い足(買い戻しの力が強いことを示す)が出現
しかし、翌日は上ヒゲが長い大陰線(買い戻されるも大きく売り込まれているので弱含みを示す)が出現
しかも、1100円で揉み合っていただけに「揉み合い下放れ」の雰囲気が漂ってきたような・・・
こんなふうに考えがちですが・・・

私は動じません
少し極端な話になりますが、買った後は騰がるか下がるしかないのです。買って騰がるばかりなら投資で苦労しません。
よって、十分に検証して決断を下したのなら、目先の上下で一喜一憂することなくドンと構えておくのが得策。

動じない秘訣
・ここまでは下げるかもしれない。目先の下値抵抗。
・ここまでなら含み損に耐えられる。損切りラインの設定。
この2つを考えておくことです。
(注)後者について
含み損に耐えられるというのは、1銘柄に対するものであり運用資産全体でみた場合ではありません。運用資産全体を揺るがす1銘柄の損失は大きな痛手になりますから、そのような投資法は絶対にお勧めできません。

私の場合
・目先の下値予想をたてる。
今回の場合、目先の下値は1050円から・・・までの間を考えています。
こんなふうに、私からの配信を希望されていらっしゃる方へ伝えさせていただきました

・損切りライン
終値で1割減になれば潔く損切り。
こちらについては、何があっても揺るがない決まり事なので毎回お伝えすることはありません。
損切りは私が最も重要視している投資法なので、ホームページ「 素人投資家の挑戦、投資の心得その① 」こちらを参照下さいませ。

それでは、株価推移をご覧下さいませ
101117a4.gif

上記しているような 怖さ で売っていたら、翌日からの大きな上昇を眺めているだけになってしまいます。

買い付けた後に下落した為、投資判断を誤ったと考えて損切り・・・悔しい
損切りした翌日から大きな上昇トレンド・・・悔しさ倍増

こうならない為にも、検証に検証を重ねて買い付けたならドンと構えなければいけません。


テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives