素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



花咲くまで待つのも相場
7月5日 
勉強できる私の買い付け

(ご注意)
ニュースおよび業績に関する内容はとても多くの分析を必要としている為、割愛させていただきます。また、私は「相場の流れ」を最大に重要視しますので、ここでご紹介する投資法(チャート分析など)だけで売買しているわけではございません。このような部分を踏まえてお読み下さいませ。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています 

花咲くまで待つのも相場
~ 損切りラインの設定で落ち着いた投資 ~


久しぶりの更新です
なかなか更新できなかった理由
勉強していただける買い付け銘柄はあるのですが、騰がりっぱなし
仕込んでいた銘柄たちが芽を出し花を咲かせ 続けている最中でした。
そんな銘柄たちを紹介するのはもったいない。
また、会費を支払って私からの配信を希望されていらっしゃる方へも申し訳ない。
このようなことから、更新を見送り続けていました。

でも、日経平均は高値で1万円を回復。そろそろ紹介していこうかと思いました。

前回は凄い値動きになったので6月分の1銘柄を紹介していましたが、今回は5月買い付け分になります。
来週からは6月買い付け分に戻ります。

それでは、私の買い付け銘柄をご覧下さいませ
110705jj1

買値は13070円

ところが
110705jj2
買った後から下がりっぱなし
12000円まで下落しました。

買値からの下落率は8%に達していました。
私の損切りは「終値で買値より1割減」です。

ここで日経平均の推移をご覧下さいませ。
110705jj7.gif

5月に1万円を付けた後は、上値と下値が少しずつ切り下がる下落トレンドになっています。
もう少し期間を長くしてみると
110705jj8.gif

9500円を割り込んでも回復してきた相場ですが、それは回復した結果を見ているから言えること。
今、割り込んでいる状態なら、回復する期待よりも9500円付近にある下値抵抗を下抜ける恐怖の方が勝っているのではないでしょうか。いわゆる揉み合い下放れです。そうなれば9000円までの下落も・・・なきにしもあらず。

こんな時に多くの銘柄を保有していたり、運用資産に対して大きな金額を投入していれば恐怖 恐怖 恐怖
でも、私は滅多にない少ない買い付けで進めていましたから、恐怖はありませんでした。
(4月8日に買い付けたあと上昇したものを利益確定しただけで、5月10日まで全く買い付けていません。)

たとえ損切りになったとしても、保有株は極端に少なくしていましたから損失額は大きくありません。また、少し乱暴な言い方になりますが、損切りするほど相場が下げれば、そこは買いチャンスになると考え機会を待っていたのです。同時に前回ご紹介した空売りを6月1日に、そして6月7日にポンポンポンといくつかを買い付けながら

お待たせしました。
それでは買い付け銘柄の推移をご覧下さいませ。
買い付けから8%程の下げ幅となり12000円になった株価は、こうなりました。
110705jj3

買値より9%アップ

日経平均も強烈な上昇で1万円台回復
110705jj10.gif

一時は買値より8%下落した株価が9%アップになりました。
下げているため自慢できることではありませんが、「終値で1割減」の意味がここにあります。

当り前のことですが、買った後に下げることは多々ありますので少し下げて損切りでは損切り連発になりかねません。よって、私の投資技術と合わせて「底と判断しても、1割のズレなら許容範囲」という考えで損切りラインを設定しています。これだと1割以上のズレがあったら失敗だと潔く認め損切りすることができます。
もちろん1割減で損切りすることもありますが、これを守れるようになってから成績はとても良くなりました。
もう10年ほど前のお話になりますが。

逆に、投資経験の浅い方や底取りが甘い方は損切りラインを15%から20%とし、投資金額も本来の半分近くまで落とせば負ける確率はグッと減るはずですよ。
自分の投資技術で損切りラインを設定するのは難しいと思いますが、経験(売買の回数だけではなく年数を含む)が多くなればお分かりになられると思います。

もし、損切りラインをしっかり設定していなかったり、決めている水準を自分の都合で引き下げるといったあいまいな方法をとっておられるなら、一度見直されることをおすすめします。投資は必ず勝ち負けありますから、これ以上損失を増やしてはならないという水準をしっかり守ることが大切。逆にいれば、負けがあれば勝ちもあるのですから、負けが膨らまなければ少しの勝ちで取り返すことができるのです。
個人投資家の多くは「損切りせず20%も30%も含み損を抱えてしまう」これが、数年間でみた場合に個人投資家の9割が負けている1つの要因だと思っています。


急騰連発で日経平均は1万円台を回復しましたが、この上昇相場に乗れていなかったと悔やむ必要はありません。
日経平均1万円到達とポジティブな解説が多くあるほど、乗れていない方にとっては悔しい思いが膨らみがち。でも、少し振り返って下さい。こんな危険な状態だったのです。
110705jj8.gif
9500円を割り込んでも回復してきた相場ですが、それは回復した結果を見ているから言えること。
今、割り込んでいる状態なら、回復する期待よりも9500円付近にある下値抵抗を下抜ける恐怖の方が勝っているのではないでしょうか。いわゆる揉み合い下放れになるかもしれません。
そうなれば9000円までの下落も・・・なきにしもあらず。

今回の急騰に乗れていないということは、このような危険含みの相場を回避された上手い投資なのです。
後に急騰しますが、あれよあれよという間に急上昇ですから今度は反動安という危険が伴います。
結果として1万円台回復ですが、その過程は危険含みだったのです。
そう考えると・・・「乗れていない=投資が上手くない」ではありません。むしろ逆。

投資は結果だけを見てしまいがちですが、その過程が大切なのです。
素晴らしい過程なのにそれを無視して結果だけで判断すると、投資技術の低下につながるので注意して下さい。

ここからは、のんびり構えてはいけません。
ここまで相場が強くなっているのです。次は、買いどころを見つける楽しみが待っていますよ。

ちなみに・・・私はポンポンポンと買い付けていましたから急騰相場に乗っています
言うまでもありませんが、急騰相場に乗せているからといってのんびり構えているわけではありませんし、気を緩めることもありません。引き続き慎重に進めていきます。
売買チャンスをじっくり検証して行動に移したいと考えています。

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記本文の最後にあるランキング又は右側上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。2つのランキングのどちらかで銘柄公開しています。(更新後、少し経ってからランキングに反映されます。)
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives