素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



私の投資法大公開! 8月の大きな下落トレンドを乗り切った方法 第一章
9月13日 
勉強できる私の買い付け

私の投資法大公開!
8月の大きな下落トレンドを乗り切った方法 第一章


8月の下落トレンドにおける私の投資法と買い付けを大公開!下落トレンドでも負けない投資法が満載なので、何か少しでも得ていただけると嬉しいです。

・どうやって下落トレンドを乗り切ったか
・高値を掴まされない方法
・反発を見極める
・待つことの大切さ
・慌てない
・大底を捉えた

これらのことが勉強していただけると思います。

〇ご説明
・ここから表示させるチャートは日経平均株価です。
・青い矢印は、私からの配信を希望されていらっしゃる方へメールさせていただいたところ。
・配信内容は緑の文字になります。伏字にしているところも多々ありますが、ご了承下さい。
・毎朝配信している「日本株について」と「米国株について」は、省かせていただきました。

それでは、どうぞ
8月1日
130913b1

日経平均は14800円から短期暴落

そこで買い付けたのですが、翌日も窓を空ける暴落になりました。
ちなみに、ここで買い付けた銘柄は8月28日につけた「日経平均最安値13338円」でも損切りライン(買値より1割減)まで下落していません。もちろん、損切りも無し

その後、上下を繰り返して8月1(木曜日)
8月1日 8時
「私の投資法について」
引き続き、安値拾いを狙っていきますが、・・・・・に加えて国内では・・・・・。9日(金)までが・・・・・、そのあと・・・・・しながら狙う銘柄を考えれば良いと思っています。


8月1日 17時
「私の投資法について」
本日の日経平均は337円高の14005円になりました。大幅な上昇で14000円台回復。これを好感する投資家は多いと思いますが、上値追いできるかという話になれば別だと考えています。繰り返しになりますが、・・・・・で、次の関心事は・・・・・という状況。株価も21ドル安。加えて、日本株は・・・・・。この中で日本株だけが上昇し続けるのは無理があると考えています。

〇しばらく乱高下
・・・・・の「・・・・・、しばらくの間は・・・・・」これと似たような展開になるのではないかと考えています。・・・・・、このまま上昇し続けて・・・・・円に向かうより、しばらくの間は・・・・・になる可能性の方が高いと思っています。・・・・・すれば・・・・・、・・・・・すれば・・・・・。こんな展開を予想しています。

〇買い付けを慌てる必要無し
300円を超える上昇で14000円を回復。こうなると楽しい気持ちになりますが、楽しさと実行は別。今は、相場・・・・・(・・・・・)これと、・・・・・が大切。それから動く方が、リスクは低くなると考えています。・・・・・。目先の予想が難しい時に勝負して負ければ後悔するだけ。このようなことから、買い付けを慌てる時ではないと思っています。



8月2日(金曜日) 
揉み合い後に急騰しました。
130913b16

8月2日 17時
夏休みのお知らせです。
お伝えしていましたとおり、3日(土)から、11日(日)まで、夏休みをいただきます。次の更新は12日(月)からになりますので、宜しくお願い致します。メールへのお返事も、12日から順次行います。お待たせして申し訳ありませんが、ご理解いただけると助かります。


8月12日(月曜日)
夏休み中に暴落
130913b2

8月12日 8時
「私の投資法について」
夏休み中に暴落。前週の下落率は5.9%ほどになり、世界の株式市場で最大の下げ幅になりました。円高も進み、1ドル96円、1ユーロ128円。米国株も軟調。1週間で大きく変化しました。

〇待ち
日経平均は、・・・・・円から・・・・・円の・・・・・思えますが、前週の外部要因(・・・・・)を踏まえると・・・・・円を下回る可能性もあると考えています。・・・・・円を下回ると・・・・・、・・・・・かもしれません。この為、今は買い付けず、もう少し様子見した方が良いと考えています。



8月13日(火曜日) 
急騰しました
130913b3

8月13日 8時
「私の投資法について」
引き続き、様子見です。上記していますように、今は・・・・・しますから、・・・・・すれば・・・・・なります。よって、今は勝負せず待ちで良いと考えています。・・・・・いく、・・・・・合う、・・・・・動く方がリスクは低くなると考えています。



8月14日(水曜日) 
続伸しました。
130913b4

8月14日 8時
「私の投資法について」
前日は347円高で本日も大きく上昇するかもしれませんが、前日にお伝えしていた・・・・・はまだ分りません。・・・・・分ってから動く方がリスクは低くなると考えています。今の相場は、・・・・・強く影響している為、その・・・・・または・・・・・、いつ・・・・・してもおかしくないと考えています。この状況で買い付けて急落すれば悔しいので、今は静かに待っている状態。但し、・・・・・「・・・・・」というシナリオからは遠のいているので、・・・・・。先日にも書いていましたが、・・・・・上昇するので良し。悔しい思いをしないように、今は待っています。

〇少額投資の重要性(悔しい思いを少なくするために)
・・・・・
・・・・・

こちらは、とても長い文章になりますので省かせていただきます。


8月16日(金曜日)
続落しました。先の上昇で買っていれば、いきなり大幅安。待って正解。
130913b5

8月16日 8時
「私の投資法について」
14日にお伝えしていました・・・・・、「・・・・・」・・・・・、・・・・・になりました。・・・・・から・・・・・と・・・・・になっているので、売り圧力は少し強いと考えています。引き続き、様子見です。・・・・・が見えてくるまで、待ちたいと考えています。



8月19日(月曜日)
反発しました。
130913b17

8月19日 8時
「私の投資法について」
お伝えしてた・・・・・出ないので、引き続き休むも相場。上昇すると考え勝負しても、負けるのが投資。それなのに、今のような・・・・・の分らないところで勝負すれば、勝率を悪くするだけだと思っています。

〇株中毒に注意しましょう
「常に売買していたり、株を多く保有していないと気が済まない」これは、過去に私が何度も経験した株中毒。常に売買して勝てるほど相場は優しくありませんし、常に多く保有していると相場の下落に必ず巻き込まれてしまいます。相場格言「休むも相場」。今はこれが大切だと思っています。もちろん、何も考えずのんびりしているのではなく、チャンスの時に動けるよう検証し続けています。



8月20日(火曜日)
大幅安になりました。こちらも、先の反発で買っていればいきなり大幅安。待って正解。
130913b7

8月20日
「私の投資法について」
買い付け銘柄の配信を長くお待たせしていますが、今は勝負する時ではないと考えている為、様子見しています。私は自分のお金で投資する為、勝てると判断する時しか勝負しません。待つ方が良いと思えばいつまでも待ちますし、勝負する方が良いと思えば果敢に攻めます。自分勝手に進めますが、それが自分の勝率につながっているので、ご理解いただけると助かります。


8月20日 19時
「私の投資法について」
本日の日経平均は361円安の13396円になりました。

お伝えしていました・・・・・
・・・・・いく
・・・・・合う
・・・・・
・・・・・が無くなり、・・・・・が強くなりました。
・・・・・が見えてきたので、明日の相場が大幅に続落するようなら少しだけ買い付けるかもしれません。

「狙っている銘柄」になります。
・・・・・
・・・・・

こちらは省かせていただきます。

8月21日(水曜日)
僅かに反発しました。
130913b8

8月21日 8時
「私の投資法について」
・・・・・時は、・・・・・前にあれこれ考えるのではなく・・・・・(相場が・・・・・)・・・・・良いと思っています。今回の場合は、お伝えしていました通り「・・・・・狙い」なので、・・・・・考えます。前日に361円も下げているので反発するかもしれませんが、その時は買わずに見送ります。今は・・・・・いますから、本日の反発で底打ちしたと決めつけるのは時期尚早。今は「反発で強気にならず、・・・・・」こんな投資法がリスクを小さくすると考えています。長く待ち続けた結果、動ける条件に大きく近づいてきました。よって、ここからの下げには「待ち(休むも相場)」ではなく「勝負」が良いと思っています。

〇具体的な投資法
日経平均・・・・・円の前後・・・・・円を狙うつもり。目先は・・・・・円から・・・・・円の間となります(理想的なのは・・・・・水準)。この水準まで下げてくれば海外機関投資家の売り圧力は低下、もしくは国内機関投資家の買いが強くなると予想。


続きは来週になります。
いよいよ大底での買い付けです。それまでの配信内容を楽しみにお待ち下さい。

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives