素人投資家の株日記(勉強できる私の買い付け)
全くの素人でしたが、今では株式投資で生活できるようになりました
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



私の損切りルールを別角度でご説明
こちらは、私が取引したものを1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度で)紹介しているブログです。
ご紹介する銘柄に関するニュースおよび業績などは割愛させていただきます。また、多くの情報を検証しており、ここでご紹介する投資法だけで売買しているわけではございません。(通常、私が取引して1ヵ月経ったものを紹介しています)。

11月8日 
勉強できる私の買い付け

私の損切りルールを別角度でご説明

まずは、こちらのチャートをご覧下さいませ
181108h1

買値7300円

その後
181108h2

下落トレンドが続いてしまい、大きな節目となる7000円を割り込みました。
安値では6800円、買値から6.8%の下落です。

私が必ず守っている損切りルール
いつも書いています通り、買値から1割減。
正確には、終値で確実に1割減と判断すれば損切り、微妙なら持越しです。

買値から6.8%の下落なので保有です。

その後
181108h3

4営業日続伸、7788円まで暴騰しました
いつも通り、私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付け時に「私が考えている上値抵抗と下値抵抗」をお伝え済み。こちらの銘柄については「7750円から8000円の間」になると考えていました。

上値予想ピッタリ

買値からの上昇率は6.7%になりました

買った後に下落トレンドが続いて大きな節目7000円を割り込みました。
この展開で失望し、嫌になって(先に書いています)6.8%の下落で損切りしていたら・・・後の6.7%高を失うところ。損益真逆。

株価の大底で買い付けたいものですが、それは神のみが知るところ。
大底を狙おうとして待ち続けていたら、いつまでたっても買えません。大底と考える水準より前に反転したり、逆に大底と思って買い付けても、まだまだ下落することも。

よって、大底を狙い過ぎるよりも「下げても耐えるであろう水準」を底として考え、その手前で買い付ける方が良いと思っています。相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」ですね。

私が必ず守っている損切りルールは買値から1割減ですが、言い換えれば「1割減までには反転すると判断したところ」でしか買い付けないのです。この見極めが重要で「2割減までには反発」そんな水準で買い付けていたら損切り連発になるわけです。

では2割減を基準に考えれば良いのでは・・・
前者なら下げも少ないので後からプラスになり易いですが、後者だと戻るのに時間がかかりますし、損失額は倍の覚悟が必要になります。損失額を考慮すると、単純に前者の半分しか投資することができません。20銘柄買えるところ10銘柄に、10銘柄買えるなら5銘柄、5銘柄なら2銘柄になってしまう。結果、「1割減の損切りルールで多く分散投資できる方がリスクは低くなる」というのが私の考え方です。

「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

今回ご紹介の銘柄は、期間限定でブログランキングにて紹介しています
素人投資家の株日記」上段にあるランキングのバナーをクリックしてご覧下さいませ。
1、ブログランキングで私のブログを見つけて下さい。
2、ブログ解説の一番最後にコードと銘柄を書いています。

私が作成したホームページ 素人投資家の挑戦
私が書いている株日記 素人投資家の株日記

テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



こちらもどうぞ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

平日に書いている株日記
「素人投資家の株日記」
も、合わせてご覧下さいませ。

最新の記事

Archives

証券会社の広告